鬼滅声優の“10年不倫”は氷山の一角? 不貞行為を働いた人気声優たち

(C)Pavel_Kostenko / Shutterstock

昨今のアニメブームに伴い、キャラクターに命を吹き込む声優が、タレントのようにもてはやされている。しかし知名度が上がるにつれ、今まで見向きもされなかった声優のスキャンダルが大きく取り上げられるようになってきた。

中でも不倫関係のスキャンダルが非常に多く、業界を揺るがす深刻な問題になっている。

『鬼滅の刃』をはじめ、数多くの人気アニメに出演している櫻井孝宏。『文春オンライン』は今年9月、彼が結婚していた事実を報道。さらに10月27日には、自身の務めるラジオ番組の放送作家と10年もの間、不倫関係にあったと明かされた。

櫻井の不倫は多くのメディアで取り上げられ、作品への影響が懸念されているが、やはり声優の不貞行為といえばアニソン歌手・LiSAの夫として知られる鈴木達央を忘れるわけにはいかないだろう。

昨年6月ごろ、彼は妻がライブで自宅を空けた際、不倫相手を連れ込んでいた事実が発覚。アニメ『東京リベンジャーズ』の龍宮寺堅(ドラケン)役を降板することになり、ボーカルを務める音楽ユニット『OLDCODEX』も解散するなど、転落の一途をたどっている。

男性声優だけではない? 声優の不倫の数々

櫻井や鈴木のように人気アニメを担当していた声優は、とにかく人々からの当たりが厳しい傾向に。しかしアニメブームよりも前に不貞行為を働いていた人は、そのバッシングを免れているようだ。

コアな作品から「鬼滅の刃」のようなメジャー作品まで、幅広く活躍している浪川大輔。彼は「鬼滅」ブームの数年前、『週刊文春』によって事務所社員との不倫を報じられていた。

ただ当時の彼は一般知名度がほとんどなく、世間的に大きな話題になることもなかったため、現在も何食わぬ顔で〝鬼滅声優〟として活躍中。とはいえ、もちろん一部の声優ファンからは《浪川、鬼滅声優ブーム以前に不倫バレてよかったな》といった皮肉も聞こえてくる。

同じく声優の岡本信彦も「文春オンライン」に報じられた不倫疑惑を認めた過去があるが、知名度が関係しているのか大した話題になっていない。

さらに女性声優の茅原実里も、2020年5月に自身のブログで、ヴァイオリニストとの不倫を激白。しかし、これも声優ファンの中で騒がれる程度に収まっている。

数多くの声優の不倫が発覚しているが、単純にアニメブームによって表面化しただけだろう。今もどこかで不貞行為を働いている声優がいるかもしれない。

【あわせて読みたい】