結婚指輪をしていなかった菊川怜に「離婚説」浮上

(C)まいじつ

タレントの菊川怜が「離婚するのではないか」という情報が芸能記者のあいだで飛びかっている。菊川は今年4月に不動産情報サイト運営会社の会長と結婚。夫の資産は200億円ともいわれ、まさに玉の輿だった。

「結婚発表の直後に、週刊誌上で菊川の夫に隠し子がいると報じられました。夫はバツイチで、ほかに内縁の妻のような女性がいて、その女性の方に少なくとも婚外子がふたりはいるのです。さらに一部情報では、また別の女性とのあいだにも子供がいて、婚外子は3人以上だといわれています」(芸能リポーター)

これに対して菊川は「そういったことも知った上で結婚した」という発言をしていた。

「結婚して数カ月が経った夏場ごろでしょうか。まだふたりは同居していないという話が出てきました。『お互い仕事が忙しいので』というのが菊川側の言い分でした」(同・リポーター)

菊川は9月まで情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)の司会者として連日テレビに出演していた。そのため、「忙しい」というのは確かにもっともらしい理由だった。

「しかし、10月になっても11月になっても同居したという話は聞こえてこず、“別居婚”のままです。そのため、芸能記者たちがざわつき始めています。つまり離婚という見方です」(同・リポーター)

 

いまも別居状態のまま

菊川は12月5日に、今年がんばった女性に贈る『ORICON クイーン・アワード2017』の授賞式にゲストプレゼンターとして出席した。

「菊川が花束を渡す際やマイクを取ったときに、左手には指輪はありませんでした。それで短いスピーチで、『クリスマスプレゼントは誰がくれるか、分からないですけど』とも口にしたのです。たぶん、偶然ではなくてわざと言ったのでしょう」(スポーツ紙記者)

これらの状況を考えると、やはり離婚の二文字が浮かぶ。

「相変わらず別居状態のままのようですし、ここへきて“メッセージ”を発しているのかもしれません。年末年始を避けるとすれば、離婚は2月以降が有力でしょう」(同・記者)

菊川は夫の隠し子の存在を知らなかったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子「五輪キャスター就任」で不安視される羽生結弦の調整

※ 小倉智昭が松居一代へ「投げやりコメント」批判殺到

※ 離婚合意した松居一代が「まだセクシーだった」ころの傑作映画

※ 松居一代が離婚調停締結後「まだ戦う」と宣言した真意

※ ブルゾンちえみ活躍の裏にあった波田陽区の存在