中居正広が独立のために企てる「2種類のルート」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

中居正広が稲垣吾郎たちとの関係修復に必死になっているようだ。

「中居は稲垣たちが『72時間ホンネテレビ』を成功させたことで、心穏やかではないのです。草彅はジャニーズ在籍時にはすることがなかった好きなバイクの話を楽しそうにするし、ファンに写真を撮られてネットに掲載されてもいまはOK。事務所に管理されない彼らがうらやましくてしょうがないのです」(女性誌記者)

中居は稲垣たちがジャニーズ事務所を退所した際に、香取慎吾にだけは電話で「頑張れよ」と応援の言葉を残している。そのため、3人と関係修復を図るため、香取に連絡を繰り返しているというのだ。

「中居は自分も仲間に入れてほしいという下心で、香取に連絡しているのです。香取は『SMAP』で最年少だったし、中居も一番連絡を取りやすい。実際、香取としても電話があれば出るしかない状況です。いまは2日と空けず中居から香取に連絡があるといいます。内容はいつも同じで『どうしてる?』というものだそうです」(同・記者)

 

大手プロダクションにも接触

しかし、この中居の行動について香取は、稲垣と草彅に相談しており、すでに拒絶されているという。

「中居は3人がジャニーズを退所する際に、プレゼントを贈っています。しかし、真面目な性格の草彅は『物で釣るなんてばかにしている』と怒りを露わにしており、今後も中居のことを絶対に受け入れない姿勢を貫いているのです。いまの中居の態度では、関係修復は難しいでしょう」(ジャニーズライター)

中居は3人と関係が修復できなかったときのことも考えて、別のジャニーズ事務所からの独立方法を考えているという。

「中居はジャニーズに対抗できる大手芸能プロダクションにアプローチをかけています。このプロダクションはタレントを束縛することはなく、自由な方針で仕事をすることができる会社です。ジャニーズからの独立が噂されている今井翼のルートを使って接触を図っているといいます」(芸能プロダクション関係者)

中居の“悪だくみ”は果たしてうまくいくだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 嵐・櫻井翔とテレ朝・小川彩佳アナ「不穏な関係」の理由

※ 加藤綾子「五輪キャスター就任」で不安視される羽生結弦の調整

※ 小倉智昭が松居一代へ「投げやりコメント」批判殺到

※ 離婚合意した松居一代が「まだセクシーだった」ころの傑作映画

※ 松居一代が離婚調停締結後「まだ戦う」と宣言した真意