最終回『監獄のお姫さま』塚本高史に「キュン死」女性多発!

aijiro / PIXTA(ピクスタ)

aijiro / PIXTA(ピクスタ)

12月19日に連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の最終回が放送された。女性を中心とした視聴者は、塚本高史が演じる長谷川信彦こと“のぶりん”の名言が「胸キュンする」と話題にしている。

ストーリーは、若井ふたば(満島ひかり)や馬場カヨ(小泉今日子)たちが、アジトのガレージで、“爆笑ヨーグルト姫事件”の実行犯と思われるタイ人のプリンス(ナリット)から証言を取ろうとする。だが、同じセリフを繰り返すばかりで、進展がなかった。一方、馬場たちに協力している検事の長谷川は、検察事務官である今池周太郎(上川周作)とともに、事件のあった沖縄に出向き証拠を探していた。そこで長谷川が口にした台詞が話題となっている。

 

塚本演じる「KY役」がキザなセリフを連発

長谷川は空気を読めない性格と奇想天外な行動が特徴の役だ。馬場から「バカなの?」と“ダメ出し”されることも多々あった。しかし、今回に限っては、長谷川が言った台詞が視聴者には魅力的に映ったようだ。

長谷川は「この件が終わったら馬場カヨにプロポーズする」、「彼女たちは姫を救おうとしている。でもおれの姫は馬場カヨだ」、「どのおばさんも、みんな、誰かの姫なのだよ」、「どんなに若くて、かわいい子も、いずれおばさんになる。でも、かわいいおばさんは、もうおばさんにならない」などと口にした。

長谷川のセリフを聞いた視聴者は、インターネット上に《最高の名言》、《なかなかの名言に胸キュン》、《おばさんになるのも悪くない》、《そこまで一途に想ってくれるのって最高》、《私もかわいいおばさん目指す》などと投稿しており、多くの反響を呼んだ。

また、公式ツイッターでは、白いスーツを着て新郎気分にひたる塚本の写真が公開されている。

ドラマを見終えた視聴者からは《のぶりんと馬場カヨの今後が気になる》という投稿もあった。続編やスピンオフへの期待は高いようだ。

 

【画像】

aijiro / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子「五輪キャスター就任」で不安視される羽生結弦の調整

※ 小倉智昭が松居一代へ「投げやりコメント」批判殺到

※ 離婚合意した松居一代が「まだセクシーだった」ころの傑作映画

※ 松居一代が離婚調停締結後「まだ戦う」と宣言した真意

※ ブルゾンちえみ活躍の裏にあった波田陽区の存在