岡田准一&宮﨑あおい「略奪婚」をジャニーズが認めた理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『V6』の岡田准一が、かねて噂のあった女優の宮﨑あおいと結婚することになった。周囲にはすでに報告を済ませており、近く婚姻届を提出するという。ふたりはもともと友人関係にあったが、2015年春に交際をスタートさせ、約2年半にわたり愛を育んできた。岡田は所属するV6で3人目の既婚者となる。

「岡田がファンクラブ会員宛に、結婚報告の封書を“24日着”と期日指定で送ったところ、2日前の22日に一部が誤配送されたため、インターネット上などで大騒ぎとなったのです。封書には結婚相手や日取りなどは明記されていなかったようですが、岡田は既に仕事先などに報告を済ませており、近く婚姻届を提出するそうです」(芸能記者)

岡田と宮﨑は2008年公開の映画『陰日向に咲く』の共演をきっかけに、互いに尊敬し合う関係になったという。2012年の映画『天地明察』でも共演するなど、仕事での縁も深かった。

「ジャニーズ事務所には“1グループで結婚できるのは1人”という不文律が存在するので、V6のメンバーは複雑な心境でしょう。特に宮沢りえと結婚寸前の森田剛は『先を越された』と顔面蒼白だったといいます」(芸能関係者)

 

異例だらけの結婚

すでにV6には井ノ原快彦、長野博とふたりの既婚者がいる。さらに宮﨑に至っては、2011年に俳優の高岡奏輔と離婚をしている。

「1グループで3人目の既婚者が出るのは異例中の異例といえるでしょう。そもそも宮﨑は、高岡と結婚しているときに岡田と温泉旅行をして“略奪不倫”だとして騒がれました。これが原因で高岡と宮﨑は離婚したといわれたほどです。結果的に略奪結婚となるわけで、これもジャニーズでは前代未聞です。しかし、『不倫がけしからん』と非難を受け、苦しい交際期間を経ての結婚ですから、ファンからは祝福が相次いでいます。印象として、さすがにこれだけ結婚までが長引いたので『かわいそう』という声が上がっているのです」(同・関係者)

今回、岡田が結婚に踏み切ったのは、渾身の演技で取り組んだ映画『関ヶ原』がヒットして自信につながったからだといわれている。

「映画の成功を受け、ジャニーズに対し『これからもしっかり稼ぐから』と説得したのが決定打になりました。つまり岡田は結婚と引き替えに、きついスケジュールでも仕事をこなさないといけないという状況に追い込まれたのです」(ジャニーズライター)

ジャニーズ事務所のタレントは交際禁止が原則だが、岡田は随時、事務所に報告するという異例の対応を取った。

「岡田と宮﨑の出会いが不倫というインモラルなものでしたし、ジャニーズ事務所としては稼ぎ頭の岡田がかわいい。反対も賛成もできず、見守るしかなかったのだと思います」(アイドル雑誌ライター)

 

【あわせて読みたい】

※ 「ゴチレース」国分太一のクビに賛否両論

※ 大谷翔平が女子アナに「交際お断り」を宣言

※ 芸能界「この冬冷めてしまった」カップル

※ 老い隠せぬ藤原紀香の「妖艶ベッドシーン」視聴者騒然

※ 安室奈美恵が紅白歌合戦に出した「条件」と「交渉状況」