日本代表・森保監督にカンニング疑惑!? 的確な采配に「丸パクリしてる」

森保一 (C)RedCap / Shutterstock

11月23日に行われた、サッカーW杯カタール大会1次リーグE組・ドイツvs日本で、世界を驚かせるジャイアントキリングを果たした日本代表。

森保一監督の采配に絶賛の声があがっているが、ネット上では〝カンニング疑惑〟が浮上している。

試合は、前半に日本がPKで失点して0-1で折り返したが、後半30分には、森保監督が途中交代で投入したMF堂安律がゴールを決めて同点に。

その8分後には、DF板倉滉選手の前線へのパスを、これまた森保監督が途中投入したFW浅野琢磨がドリブルからのシュートを決め、日本が2-1で逆転勝利した。