交際7カ月で結婚!トレエン・斎藤司が「モテる」理由

お笑いコンビ『トレンディエンジェル』の斎藤司が12月24日に自身のインスタグラムで結婚を発表した。

相手はかねてより交際中だった福岡県出身の一般女性。斎藤は以前、テレビ番組でこの女性のことを西内まりやに似ていると説明していた。昨秋、知人の紹介で知り合い、交際期間は7カ月だという。

斎藤は24日未明に婚姻届を提出したといい、妻が妊娠していることも公表。来年初夏には父親になるということで、自らが吹き替えを担当したアニメ映画『SING/シング』に登場するグンターのぬいぐるみを赤ちゃんに見立てて抱っこしている写真を掲載し、《ご静聴ありが頭皮》と自分の髪の毛が薄いことを引き合いにして感謝の気持ちを表した。

「インスタグラムなどのSNSで結婚を発表されると、芸能記者の仕事はかなり減ってしまいます。しかし、現代的で合理的な発表の仕方といえるでしょう」(芸能関係者)

なお、結婚式と披露宴は未定だという。

 

芸能界でも屈指の「マメさ」

斎藤は、相方のたかしとともに2005年4月にトレンディエンジェルを結成。2013年の『オンバト+』(NHK)と、『M-1グランプリ2015』で優勝した実績を持つ。M-1優勝後には、当時交際していた女性との結婚を宣言していたが、今年3月出演のテレビ番組で破局を報告していた。

しかし、5月には『週刊文春』で新たな恋人との同棲が報じられ、前の恋人との“二股疑惑”が持ち上がった。だが、同月に放送された『直撃LIVE グッディ!』に出演した際、新恋人との交際時期について「4月ですね」と明らかにし、二股ではないことを強調していた。

「斎藤は女性に対してマメで、細かい気遣いをします。交際女性に対しては会うたびに『ロケ先で買ってきた』とお土産を必ず渡し、1日に何十回もLINEでやり取りするなど、相手への愛を示すためなら何でもするというタイプです。おそらくは芸能界全体を見渡しても、細やかさではトップ10くらいには入るのではないでしょうか」(女性誌記者)

斎藤は、今冬放送の連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で市議役として重要な役割を演じており、役者としての評価も高まっている。おそらく来年も多くの仕事のオファーがあることだろう。

 

【あわせて読みたい】

※ 「ゴチレース」国分太一のクビに賛否両論

※ 大谷翔平が女子アナに「交際お断り」を宣言

※ 芸能界「この冬冷めてしまった」カップル

※ 老い隠せぬ藤原紀香の「妖艶ベッドシーン」視聴者騒然

※ 安室奈美恵が紅白歌合戦に出した「条件」