『民衆の敵』最終回で話題沸騰「チラ見え指輪」の真相

(C)まいじつ

12月25日に連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の最終回が放送された。視聴者は主役の篠原涼子よりも、高橋一生が演じる藤堂誠とデリヘル嬢の莉子(今田美桜)との展開が気になると話題になっている。

最終回では、市議会を牛耳る犬崎和久(古田新太)らの陰謀により、不正献金疑惑が浮上し、市長の佐藤智子(篠原涼子)は人気が急落する。佐藤は、自分と同じく犬崎に貶められた前市長の河原田晶子(余貴美子)の元を訪れる。そこで、福祉課の富田恭一(渡辺いっけい)と犬崎とのあいだに関係があることを知り、真実を話してもらおうと掛け合う。

一方で、新聞社に勤める佐藤市長の友人の平田和美(石田ゆり子)は、藤堂に呼び出された。そこには、箱に大量に入っている、犬崎会派の政務活動費とされる領収書のコピーがあった。藤堂は、犬崎の不正を暴いてほしいと平田に頼む。

 

「莉子が指輪をしている」と話題に

そして、物語の最後では3年後の世界が描かれていた。市長は佐藤から河原田に代わり、デリヘル嬢の莉子(今田美桜)が、教室で講義を受けている姿が映った。その左手の薬指には指輪をしていた。

莉子が指輪をしていたことに気がついた視聴者は、ツイッター上に《指輪の件は自由に想像して下さいってヤツかな》、《莉子ちゃんの指輪は藤堂さんからなの》、《指輪気がつかなかった》、《指輪の意味は》、《結婚して福祉の学校に行かせてあげている》、《莉子ちゃんの勉強は政治家の妻としての修行》などと、さまざまな投稿が寄せられた。

だが、国政へ進出した藤堂がラストシーンに登場したときには、指輪をしているかどうかわからなかった。

そんななか、番組公式ツイッターでは、花束を抱えたクランクアップ時の高橋一生の写真が公開されており、話題を呼んでいる。

この写真では高橋が左手の薬指に指輪を付けている。どうやらハッピーエンドだったようだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 「ゴチレース」国分太一のクビに賛否両論

※ 大谷翔平が女子アナに「交際お断り」を宣言

※ 芸能界「この冬冷めてしまった」カップル

※ 老い隠せぬ藤原紀香の「妖艶ベッドシーン」視聴者騒然

※ 安室奈美恵が紅白歌合戦に出した「条件」