木村拓哉の9年ぶり“月9”で心配されるセクハラ・パワハラ連発シーン

木村拓哉 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優の木村拓哉が、ドラマ『HERO』第2シリーズ以来9年ぶりに主演するフジテレビ系〝月9〟ドラマ『風間公親-教場0-』。

来年4月スタートの予定で、近々に撮影開始だとされるが、早くも「セクハラ・パワハラは大丈夫か!?」と、内容を不安視する声が関係者から出ているという。

「同ドラマは新春ドラマSPとして2年連続で放送された『教場』(20年)、『教場II』(21年)のシリーズ版。SPドラマの続編ではなく、『教場』に至る前のエピソードが描かれるようです。SPドラマで木村は、神奈川県警の警察学校を舞台に、生徒を平気で脱落させる〝恐怖教官〟風間公親を演じました。風間は隻眼。元刑事で、なぜ教官になったのか、なぜ隻眼なのかは明かされないまま。来年のドラマでは、その真相と教官前の姿を描くようです」(テレビ誌ライター)