ウーマン・村本がレギュラー出演ネット番組「圧力」降板か

(C)wk1003mike / Shutterstock

(C)Shutterstock

12月17日放送の『THE MANZAI 2017』(フジテレビ系)で物議を醸したお笑いコンビ『ウーマンラッシュアワー』の漫才。そのメンバーの村本大輔が、ツイッターにこんな投稿をした。

自らがホストを務めるインターネット番組が突如、最終回になるという内容だ。漫才の直後だっただけに、この告知はさまざまな憶測を呼んだ。

《どなたか!心ある報道関係者様、政治家の皆さん。ウーマンラッシュアワーの村本さんを守って下さい。本当の事を言うだけで、圧力をかけられる、この国の歪みを伝えて下さい》
《abemaTVはテレビ朝日とサイバーエージェントが出資して出来たネットメディアですからね さすがに政府の痛いところを突かれたらこうなりますね(東京五輪や復興問題・沖縄基地問題)ツイッターの監視も強くなってきてますし 現に村本さんのツイートが貼られてるところも”不適切な表示”になってますから》
《村本大丈夫??どうしたの怖い。どこからの圧?》

このように“圧力”があったことを示唆した投稿が目立った。村本へ取材の依頼があったようだが、村本本人は次のように投稿している。

そして、最終回の放送も終了し、いくつかの取材を受けたあと、村本は衝撃の事実を明かした。

“陰謀論”はすべて、騙しだったと告白したのだ。

 

村本はなぜドッキリを仕掛けたのか

その理由を村本はツイッターで次のように明かしている。

どうやら代償は少なからずあったようだ。村本の次の“陰謀”はいつおこなわれるだろうか。

 

【画像】

(C)wk1003mike / Shutterstock

【あわせて読みたい】

新垣結衣の「ブラックサンタ姿」にファン悶絶

※ 岡田准一&宮﨑あおい「略奪婚」をジャニーズが認めた理由

※ 嵐・松本潤が葵つかさに「関係修復懇願」か

※ 「ゴチレース」国分太一のクビに賛否両論

※ 老い隠せぬ藤原紀香の「妖艶ベッドシーン」視聴者騒然