土壇場で桑田圭祐が紅白出場となった「大人の事情」

(C)everything possible / Shutterstock

(C)Shutterstock

安室奈美恵に続いて、『サザンオールスターズ』の桑田圭祐も『第68回NHK紅白歌合戦』に出場することが決まった。桑田は大みそか当日に、横浜アリーナでカウントダウンライブがあるため紅白歌合戦への出演は厳しいとされていたが、NHKの熱望が叶って特別枠で出演する。

桑田は今年放送されたの朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)の主題歌『若い広場』を歌っており、紅組司会もひよっこで主演した有村架純であることから、NHKから早々に出演オファーを受け取っていた。ただ、当日はライブがあり 、時間が取れないことから難色を示す桑田側のスタッフも多かった。それが一転してソロ歌手として7年ぶりに紅白の舞台に立つことになったのは、小出恵介の一件が影響していると囁かれている。

小出は今年6月に当時17歳の女性と淫行に及び、飲酒したことが発覚している。不起訴処分となったが、現在は芸能活動を無期限停止中だ。

 

小出の借りを桑田で返す

「小出は騒動を起こした6月にNHKで全6話の連続ドラマ『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』に主演する予定でした。撮影は終了しており、あとは放送だけという段階で放送中止になったのです。そのため小出の所属する芸能事務所『アミューズ』は、NHKへ損害賠償を支払うことで合意していました」(NHK関係者)

金銭面では解決したが、小出のせいでNHKは大混乱に陥り、迷惑をこうむったことは事実だ。 そのため、アミューズはNHKに大きな“借り”を作っていた。それを返すため、アミューズの大先輩である桑田がひと肌脱ぐことになったというのだ。

「桑田に紅白に出てもらう以上、今後NHKは小出の件を持ち出してアミューズと交渉することはできないでしょう。アミューズとしては借り以上の“お返し”をしたことになるはずです」(テレビ局関係者)

奇しくも小出の不起訴処分が決まり、アミューズが報道各社に報告のファクスを送ったのが12月21日。翌22日のスポーツ新聞にその記事が掲載される横で、大きく《桑田紅白出場》の文字が躍った。桑田のおかげで、小出の記事は非常に小さくなっていた。これは偶然なのか、それとも…。

 

【画像】

(C)everything possible / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 藤吉久美子を不倫に走らせた「家庭内の不満」

※ 「最近、集中力が…」鉄分補給はスーパーフード飲料で悩みスッキリ! – Sponsored

新垣結衣の「ブラックサンタ姿」にファン悶絶

※ 岡田准一&宮﨑あおい「略奪婚」をジャニーズが認めた理由

※ 嵐・松本潤が葵つかさに「関係修復懇願」か