飲食店の「ドタキャン被害」が急増する理由

Sergey Nivens / PIXTA(ピクスタ)

先日、大阪市の飲食店で30名の予約が連絡なしにキャンセルされたことを、飲食店経営者の息子が悲しみのあまりツイッターへ投稿し、SNSで拡散されて話題となった。

「飲食店を紹介するポータルサイトでその店を知った客から貸切予約の電話が来たそうです。店のキャパシティーの問題で30名は無理だと言ったところ、椅子はなしで立食形式で立席で構わないという申し出があったため予約を受け付けたといいます。しかし、当日の予約時間になっても誰も来店せず、15分後に幹事に電話をしても、ショートメールを送っても、無視をされたとのことです」(女性誌記者)

最近は、飲食店でこのような“ドタキャン”の被害は珍しくない。

今年3月には、千葉市の居酒屋が70名の貸切宴会が連絡なしでキャンセルされたことを、ツイッターへ投稿して波紋を呼んだ。また、9月には東京都世田谷区の居酒屋で130名の学生団体によるキャンセルがあったという。さらに、11月には東京都立川市のバーでは70名の宴会がキャンセルになり、《余った料理を安く提供するから助けて》とツイッターへ投稿していた。