2017年「年間書籍ベストセラー」にまさかの結果

Artush / PIXTA(ピクスタ)

出版業界の不況が続くなか、2017年の年間ベストセラーにおいて極めて珍しい傾向が出て話題となっている。

2017年の1位に輝いたのは佐藤愛子著の『九十歳。何がめでたい』だった。購読者に挙げられるのは、同年代はもちろん、今後高齢者となる年配層を中心に売り上げが好調で、まさに“本を読む世代”の人々を中心にヒットした。これは想定できることだろう。

一方で、ジャンル別の売り上げにおいて、児童書と学習参考書が好調な年だった。この結果が年間ベストセラーにもそのまま反映され、トップテンの中でもそのジャンルのタイトルが目立つ結果となった。

具体的に見てみると、2位に児童書の『ざんねんないきもの事典』がランクインしている。児童書がここまで売れるということはめったにないことだという。

「あの有名な『ハリー・ポッター』シリーズ以外の児童書がここまで上位に食い込むことは非常に珍しく、2000年以降『ハリー・ポッター』シリーズ以外の児童書がベスト5に入ったのは初となります。6月に発売になった続編も8位とトップテンにランクインしていて、非常に根強い人気があったことが分かります」(大手出版会社広報部)

また、4位には学習参考書の『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢(かん)字ドリル』がランクインした。

「ドリルというジャンルは確実に一定の需要があるので、そこそこは売れるのですが、総合ランキングに入ったのは近年にない出来事です。タイトルのインパクトもあり、完全にアイデア勝負で功を奏した結果ですね」(同・広報部)

10位までのランキングは以下の通りだ。

【2017年年間ベストセラー】

(日販調べ、集計期間:2016.11.26~2017.11.25)

  1. 『九十歳。何がめでたい』:佐藤愛子/小学館/1296円
  2. 『ざんねんないきもの事典』:今泉忠明・下間文恵ほか/高橋書店/972円
  3. 『蜜蜂と遠雷』:恩田陸/幻冬舎/1944円
  4. 『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢(かん)字ドリル』:(各小学1年~6年生)文響社/各1058円
  5. 『騎士団長殺し』(1、2):村上春樹/新潮社/各1944円
  6. 『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』:ケント・ギルバート/講談社/907円
  7. 『伝道の法』:大川隆法/幸福の科学出版/2160円
  8. 『続・ざんねんないきもの事典』: 今泉忠明・下間文恵ほか/高橋書店/972円
  9. 『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』:佐久間健一/サンマーク出版/1080円
  10. 『新・人間革命(29)』:池田大作/聖教新聞社/1337円

 

若者は「活字離れ」していない

今回の結果を見ると、これまで言われ続けていた“紙媒体の常識”が覆されようとしている。インターネットの普及により、電子書籍を使いこなす若年層が増加し、書籍のニーズは高齢者層へと追いやられているというのが定説だった。「本が売れない」といわれている昨今、2017年の年間ランキングの結果からも分かるように、これだけが児童書、学習参考書が売れたのだから、まだまだ子供や若者の向けに書籍が売れるという“伸びしろ”があるということが証明されたのだ。

「若者を中心に活字離れといわれていますが、実際は本を読まなくなっただけで、子供たちはスマホやタブレット、パソコンで文字には触れています。今回のランキングでも立証されたように面白い本には子供も興味を示すのです」(同)

本が売れなくなったことを、容易に若者の活字離れに結び付けてしまうことは早合点のようだ。

 

【画像】

Artush / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 藤吉久美子を不倫に走らせた「家庭内の不満」

※ 「最近、集中力が…」鉄分補給はスーパーフード飲料で悩みスッキリ! – Sponsored

新垣結衣の「ブラックサンタ姿」にファン悶絶

※ 岡田准一&宮﨑あおい「略奪婚」をジャニーズが認めた理由

※ 嵐・松本潤が葵つかさに「関係修復懇願」か