正月恒例番組「さんタク」番組内容に非難轟々

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

明石家さんまと木村拓哉によるスペシャル番組『さんタク』(フジテレビ系)が、1月1日の午後4時から放送される。今年は放送開始から16回目だが、昨年は『SMAP』解散の影響を受けて元旦の放送は行われず、4月にゴールデンタイムで放送されていた。

今年は例年通りの放送時間帯に戻ったが、事前に明かされた番組内容を見た人たちからは「こんな内容ならもう無理に番組を続けなくてもいいんじゃないか……」、「AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』をパクってる」などの辛らつな意見が寄せられている。

「今年は以前からさんまが『やってみたい』と言っていたインスタグラムに挑戦します。木村が“インスタ映え”を意識して、さんまを被写体にして写真を撮るのですが、インターネット上では《SNSが禁止されているジャニーズの木村がインスタ映えを意識するなんて無理だろ》と早くも揶揄する投稿があります。また、続くコーナーでは、木村が有名スポーツトレーナーのAYAによる過酷なトレーニングを体験し、役作りのために体を鍛えるのですが、これも自身が出演していたメンズエステのCMで『楽にかっこよく』などと言っていため、《どこまで本気なんだ》と指摘されています」(エンタメ雑誌記者)

SMAPの解散騒動から現在まで、木村の好感度は右下がり状態のままだ。テレビ業界には『潜在視聴率』という、そのタレントがテレビ番組に出演したときの視聴率を予測するためのデータがある。この数値が高ければ視聴者受けするとして、キャスティングの参考になるものだが、木村はかつてベスト10入りしていたものの、いまではランキング圏外になっている。

 

木村の「ゴリ押し」が逆効果に

「ジャニーズ事務所もSMAPが解散して以降、木村の人気を上げるために必死になっていますが、必ずしも視聴者の共感を得られているわけではありません。これは、無理な“ゴリ押し”で不愉快に思われている近藤真彦の例を見ても明らかでしょう。最近では、さんまに対しても『いつまで木村と白々しい関係を続けているのか』、『メリー(喜多川=ジャニーズ事務所副社長)への“そんタク”だろ』などと批判の矛先が向いているようです」(芸能記者)

仕事が減少している木村は最近、高校の同級生だったというマツコ・デラックスに擦り寄っているという情報もあるが、過去にマツコとの共演を拒否してきたジャニーズ事務所に対して、マツコは不快感を示しているという。

年末に発表された『週刊文春』の『嫌いな夫婦ランキング』では、木村拓哉と工藤静香の夫婦が1位になっている。皮肉にも、かつて視聴者からイメージの悪かったヒロミが『好きな夫婦ランキング』の1位に輝いているのとは対照的だ。

さんタクの番組存続も、木村の今後の人気にかかっている。

 

【あわせて読みたい】

※ 「SMAP」解散から1年|1.中居正広の胸中

※ 「最近、集中力が…」鉄分補給はスーパーフード飲料で悩みスッキリ! – Sponsored

※ 藤吉久美子を不倫に走らせた「家庭内の不満」

※ 岡田准一&宮﨑あおい「略奪婚」をジャニーズが認めた理由

※ 嵐・松本潤が葵つかさに「関係修復懇願」か