『スラムダンク』安西先生は指導者失格!?“実は最低だった説”再燃

『スラムダンク』安西先生は指導者失格!?“実は最低だった説”再燃

『SLAM DUNK』新装再編版 1巻(井上雄彦/集英社)

バスケ漫画の金字塔『SLAM DUNK』を語る上で、名指導者・安西先生の話は外せない。しかし劇場版『THE FIRST SLAM DUNK』の大ヒットにより、あらためて世間の注目が集まるなか、彼の“指導者としての資質”が疑問視されてしまっている。

部員のいざこざは放ったらかし

安西先生こと安西光義は、主人公・桜木花道のいる「湘北高校」バスケ部の顧問。柔和な雰囲気だが、試合となると的確な作戦を打ち出す名采配を見せつける人物だ。

過去には名門大学でも監督を担当しており、「白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)」の異名もあったほど。他校の監督からも一目置かれ、三井寿や宮城リョータを始めとする部員からも、憧れの目を向けられている。

だが、大人になった読者たちの間では、安西について“監督失格”と主張する声も少なくない。

具体的には、《指導者として結構やばいからな。三井がグレた間何してんたんだよ》《良いメンツ揃ったから重い腰上げて動き出したクソ監督》《人間をバスケの能力でしか認識してない》といった指摘が上がっていた。

実際、湘北バスケ部の足跡を振り返ると、安西は必ずしも名監督とは言い切れない。

桜木花道が入部する前のバスケ部は、赤木剛憲の方針についていける部員が少なく、崩壊寸前だった。

部員が揉めている状態だったが、それにもかかわらず、安西はノータッチだった。仲裁はもちろん、部員の相談に乗ることもしていないだろう。

それだけでなく、三井が1年生の頃に怪我をして部を去った件にしても、とくにフォローはなかったようだ。

顧問としての職務を放棄していると言われても仕方ないが…。

天才にしか興味がない?

こうして放任主義に徹していた安西だが、あるきっかけで突然バスケ部の世話を焼き始める。

それが、桜木と流川楓の入部だ。才能ある選手が増えたことで、露骨にやる気に火がついたように見えてしまう。

そもそも安西は才能重視の監督。大学での監督時代には、谷沢龍二という優秀な選手に入れ込んでいた。

しかし当時の安西は選手の育成に失敗し、後悔が残る結末を迎えてしまうことに。その失敗をふたたび繰り返しそうになったのが、絶対王者・山王工業戦だ。

桜木が背中を負傷した際、選手生命に関わる致命傷につながると安西は気づいていた。

選手を思うなら、真っ先に後遺症の心配をして選手交代すべきだろう。

ところが安西は、桜木の成長をもっと見たいからと選手交代を選んでいない。

後に桜木を下げさせたものの、桜木のやる気に押され、結局は試合を続行させている。一歩間違えば、谷沢のように才能を潰していたかもしれないのに…。

なお、桜木の怪我を無視して出場させた件について、安西は「指導者失格です」と認めており、自覚はあるようだ。

といっても、選手の才能にとりつかれてしまう監督の姿は、ある意味ではリアリティに満ちている。

大人になった今、憧れではなく共感の気持ちで彼と向き合うのが正解なのかもしれない。

文=野木
写真=まいじつエンタ