香取慎吾「おじゃMAP!!」終了となった裏事情

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元『SMAP』の香取慎吾がレギュラー出演しているフジテレビの『おじゃMAP!!』が、3月で終了することが分かった。香取にとっては、昨年9月にジャニーズ事務所から独立したあとも継続していた唯一のレギュラーテレビ番組だったが、2012年1月のスタートから約6年続いた歴史に幕を降ろすことになる。

「後継の番組にはジャニーズのタレントがMCとして起用されることがほぼ決定しています。つまり最初から“密約”ありきの番組終了なのです」(芸能関係者)

視聴率が長年低迷しているフジテレビは今春、大改革を断行する。約30年続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』や、22年続いた『めちゃ×2イケてるッ!』の終了も発表するなど、タイムテーブルの全面的な見直しを進めている。おじゃMAPも最近の平均視聴率が7%前後にとどまっており、改編の対象になっていた。

おじゃMAPは、香取とお笑いコンビ『アンタッチャブル』の山崎弘也が日本各地を訪れるバラエティー番組だ。香取が稲垣吾郎、草彅剛とともにジャニーズ事務所から独立して初めて放送された昨年10月4日の放送回には、草彅がゲスト出演していた。また、12月20日の放送回には稲垣が出演し、こちらも話題になった。香取のレギュラーテレビ番組は、昨年9月にテレビ朝日の『SmaSTATION!!』が終了しており、これで全てが消滅することになる。

 

テレビ以外の独自展開で勝負

「香取は特に慌ててはいません。すでにインターネットでの展開に活路を見いだしており、“想定内”の出来事です。後番組にはジャニーズ事務所が壮絶な営業をかけており、おそらくは若手が数人、番組に押し込まれることになりそうです」(同・関係者)

年が明けてから香取と周囲のスタッフは会議を繰り返してきたとされる。

「議題に上がっているのは、稲垣、草彅と3人でライブをやって、なおかつ握手会などもやろうとしていることです。このところ3人の方向性からファンが離れていることも事務所は敏感に感じていますし、カレンダーが売れ残っているのも危機の一端です。おそらくゴールデンウイークのころを狙って3人のライブが行われるのではないでしょうか」(同・関係者)

香取はおじゃMAPの終了にあたり、周囲には「来るべきときがきただけです」と語っているそうだ。

「今後、もし香取らがライブをするとなれば、またインターネットテレビの番組のときのように、豪華なゲストがたくさんやって来るはずです」(同・関係者)

3人の『新しい地図』は2018年、早くも正念場と言えそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 「嵐」櫻井翔と松本潤が不仲になった理由

※ 「最近、集中力が…」鉄分補給はスーパーフード飲料で悩みスッキリ! – Sponsored

※ 広瀬すず主演ドラマ「anone」視聴率が異常に注目される理由

※ 運命の人とは…「結婚してよかったと感じる夫婦」男女差17%超

※ ドラマ「きみが心に棲みついた」で主演する吉岡里帆の評価