『ガキ使』で起きた人種問題の背景「ミンストレル・ショー」とは

(C)Krall.Evelyne /Shutterstock

(C)Shutterstock

昨年の大みそかに放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』の第1部の視聴率が、関東地区で17.3%、関西地区で21.2%だったことが発表された。だが、その裏で番組終了の危険がはらんでいることも明らかにされた。

問題になったのは番組内で浜田雅功が映画『ビバリーヒルズ・コップ』のエディ・マーフィに扮し、肌を黒塗りにして登場したシーン。これが黒人差別になるとツイッターに投稿されたのだ。

《日本は好きだ。13年住んだし、日本に良いことが起きるように祈ってる。2020年オリンピックで黒人アスリートのためにブラックフェイスのドゥーワップをやらかすんじゃないかって真剣に不安だ。いますぐやめろお願いします  #StopBlackfaceJapan #日本でブラックフエイス止めて》

この投稿をしたのはアメリカでニューヨークのブルックリンに生まれ育ったアフリカ系アメリカ人の作家バイエ・マクニール氏。マクニール氏の投稿がきっかけになったのか、インターネット上では賛否両論が起きた。

《「ブラックフェイスやってる日本人に告ぐ。ブラックフェイスはジョークのオチなんかじゃない。ジョークが欲しいならもっと良い脚本家を雇え。黒人キャラが欲しいなら日本語を話す黒人を雇え。ブラックフェイスは や め ろ」》
《ブラックフェイス反対活動家を見習って着物を着たり、アニメキャラコスプレしてる黒人達を批判していこうな…》
《ダウンタウンのブラックフェイスの件は見てないからアレだけど、エディー・マーフィのモノマネを非黒人がやったら差別だってことですか?》
《金髪で白人のマネをしても問題にはならない。これを問題視する人こそ差別意識がある。青い目の少女や赤毛のアンは良くてチビクロサンボは差別っておかしいだろ?》
《今回は、エディ・マーフィを模したコスプレであり、非難されている黒人の方は全く無関係です。つまり、今回のコスプレに関しては、当事者性が否定されているのです。》

だが、“ブラックフェイス”は3年前にも問題になっている。フジテレビ系『ミュージックフェア』で鈴木雅之と『ももいろクローバーZ』が共演する際に、ももクロのメンバーが『ラッツ&スター』に敬意を表す形で顔を黒く塗ったが、「ブラックフェイスだ!」ということで、ネット上で放送中止の署名活動が起きた。

 

「教養がなく下品」と演じられていた黒人

前回の騒動と今回の騒動で共通している“ブラックフェイス”といわれる肌を黒く塗ったという行為。この行為がどうして黒人差別になるのか。かつて『ミンストレル・ショー』というものがあった。

このショーは19世紀から20世紀初頭のアメリカで流行した、白人のコメディアンが肌を黒く塗り、黒人を演じるステージで、実はペリーが黒船で日本にやってきた際にも余興として演じられたことがあるそうだ。このショーでは、黒人はしばしば“教養がなく下品”というステレオタイプに基づいて演じられ、そこには黒人文化に対するリスペクトなどなかった。

こうした歴史があるため、黒人はブラックフェイスに対して差別意識を持ってしまうのだろう。これから番組がどうなるかは分からない。日本テレビの対応に注目が集まる。

 

【あわせて読みたい】

※ 「嵐」櫻井翔と松本潤が不仲になった理由

※ 「最近、集中力が…」鉄分補給はスーパーフード飲料で悩みスッキリ! – Sponsored

※ 広瀬すず主演ドラマ「anone」視聴率が異常に注目される理由

※ 運命の人とは…「結婚してよかったと感じる夫婦」男女差17%超

※ ドラマ「きみが心に棲みついた」で主演する吉岡里帆の評価