ハチャメチャ設定で話題沸騰のテレ東「バイプレイヤーズ」第2弾

マンボ / PIXTA(ピクスタ)

マンボ / PIXTA(ピクスタ)

2月7日からスタートする『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』が、放送前から早くも話題になっている。

「『バイプレイヤーズ』は、昨年1月に放送されて話題を呼び、『東京ドラマアウォード』の連続ドラマ部門で優秀賞を受賞しました。大杉漣、遠藤憲一、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という6人の“大物脇役”たちが実名で出演し、シェアハウスで暮らすという斬新な企画が評判になり、金曜深夜という放送枠ながら、安定した視聴率を獲得しました。今回は満を持してプライムタイムに昇格し、第2弾が放送されるということで、役者好きの視聴者を中心に大いに盛り上がっています」(芸能記者)

いまの連続ドラマはスポンサーの絡みなどもあってか、一部の俳優やジャニーズ事務所のタレントばかりがキャストに選ばれがちだ。しかし、独自の番組作りで“我が道を行く”テレビ東京は、名脇役ばかりを集めてドラマを作り、ヒットへと導いた。

「深夜番組なので視聴率の数字だけを見れば大したことはないのですが、“業界視聴率30%”と言われただけあって、業界関係者からはかなり高評価を得ています。また、毎回豪華なゲストが登場することも評判で、過去には役所広司、荒川良々、池松壮亮、山口紗弥加、椎名桔平、野村周平など、そうそうたるメンバーがドラマを盛り上げました。おそらく第2弾でも、あっと驚くようなゲストが仕込まれているのは間違いないでしょう」(同・記者)

 

いきなりとんでもない状況で始まるドラマ

今回のドラマは、テレビ東京がスタートさせる朝のドラマ『しまっこさん』で共演することになった名脇役5人が、ロケ地を間違って無人島に漂流し、サバイバル生活を強いられるという内容。もはやこの設定だけでも通常の連続ドラマでは考えられないもので、ドラマがどのように進行していくのか想像もつかない。そして、何やらひと波乱ありそうな期待感が早くも広がっている。

出演者のひとりである遠藤憲一は現在、NHKで放送中の朝の連続テレビ小説『わろてんか』にも出演し、『2017タレント年間CM起用者数ランキング』では12社で堂々の1位に輝いている。もはやただの“バイプレイヤー”とは言わせないほどの人気ぶりだ。また、松重豊は同じくテレビ東京で放送された連続ドラマ『孤独のグルメ』シリーズをきっかけに、人気俳優になった。

アイドルタレントやジャニーズ主演のドラマに飽きてしまった視聴者は、一度チャンネルを合わせてみるのもいいかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ 「アイドル下着盗撮団」が東京都内に出没中!? 

クワバタオハラ・小原正子「豊潤美魔女」の秘訣 – Sponsored

※ GACKTの「仮想通貨」新事業投資に呆れる声

※ 清宮幸太郎の入寮を恐れる千葉ロッテ

※ 中居正広だけが呼ばれない「SMAP同窓会」