元AKB48の篠田麻里子が「キャラ変更」でかつての横暴ぶりを謝罪

「篠田は同誌のインタビューに応じ、『天狗だったの?』とAKB在籍当時のことを単刀直入に聞かれると『でしょうね。何でも思い通りに動くと思ってた』とあっさり認めたのです。2013年7月にAKBを卒業し、一人になって初めて『仕事って大変だなと思った』と赤裸々に告白。独立後は『人に求められることがうれしいな、って感謝の気持ちを持つようになった』と明かし、すっかり謙虚キャラに転向したのです」(芸能ライター)

篠田をめぐっては13年に立ち上げた、自身のファッションブランド『ricori(リコリ)』がわずか1年程度で終了した際、「去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です」などとまるで他人事のようにツイッターでコメントしたことで大バッシングを浴びた。

「篠田は同誌で、リコリの件についても初謝罪。『無知すぎた』、『勉強不足だった』などと後悔の念をにじませ、『私を信用して買ってくれた人たちに対してすごい失礼なことをしたって後悔した』とお詫びしたのです。突然の“下から”ぶりにファンや関係者は当惑している現状です」(同)

篠田は3月11日で大台の30歳をむかえる。だが、現在はNHKをのぞくと、レギュラー番組は日本テレビ系『PON!』水曜日とテレビ朝日系『ペットの王国 ワンだランド』くらいと影が薄い。