とろサーモン・久保田かずのぶ「過去の疑惑」露呈で批判浴びる

(C)まいじつ

1月24日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にお笑いコンビ『とろサーモン』の久保田かずのぶが出演した。その際に昔の交際相手から悪癖を明かされ、SNSで批判を浴びている。

この日は『芸能人の地元を探れば元カレ、元カノぐらいなら簡単に見つかる説』が検証された。矢口真里の地元の神奈川県横浜市泉区、お笑い芸人のバービーの地元の北海道栗山町を訪れ、昔に交際相手が存在していたかを確かめていた。

最後に取材班は、『とろサーモン』のふたりの地元である宮崎市を訪れた。高校当時の担任は久保田の素行が悪く、頻繁に叱りつけていたことを明かしつつ、取材班に同級生を紹介。同級生も高校時代の久保田や村田秀亮のことを「全然面白くなかった」、「しつこかった」などと口をそろえて話していた。

そして取材班は、村田の元交際相手と会うことに成功。前田敦子似のその女性は、顔を出さないことを条件に出演した。村田とは高校2年生から20歳ごろまで付き合っていたとという。

 

高校時代の「窃盗」を疑われ必死に否定

「(相方の)久保田と交流はなかったのか」との質問に、元交際相手は「なかった。高校時代にお金がなくなった事件があって…」と、高校時代のエピソードを語り始めた。

金銭の紛失事件の犯人について、当時「久保田君が怪しい」と元交際相手たちは判断し、「わたしが久保田に(犯人ではないかと)言いに行った」と明かした。

モニター越しにこれらの発言を聞いた久保田は「なに? いまの泥棒扱い」と思わず叫んだ。村田は「そういう噂、いっぱいあった」と久保田に指摘したが、久保田は「テレビで泥棒の扱いされるなんておかしいだろ」と納得いかない表情を見せた。そしてこの説の検証は「過去を掘り起こしてもあまりいいことはない」と締めくくられた。

検証のVTRを見ていた『麒麟』の川島明は「犯人と疑われるとあんなに必死になるんだ」と渋い顔で振り返るなど、番組制作側にとっても後味の悪い放送となったようだ。

ツイッターでは《くそ人間っぷりが面白い。嫌いじゃない》と久保田を好意的に見る投稿もあったが、《確かに、嘘に嘘を重ねそうだし、同級生の金も平気で盗んでパチスロとかで溶かしてそう》、《芸人としては100点だけど、人間としては0点だなと改めて思った》などと次々に批判を浴びた。

本人にとっては思わぬとばっちりだったことだろう。

 

【あわせて読みたい】