映画『名探偵コナン』次回作でメインキャラ死亡!? 「さよなら元太」で100億円へ…

『名探偵コナン』102巻(青山剛昌 / 小学館) (C)まいじつ

大ヒットを記録している、映画『名探偵コナン 黒鉄の魚影(くろがねのサブマリン)』。劇場版『名探偵コナン』シリーズで最大のヒットとなることは確実だが、さすがにマンネリを指摘する声も。そんな中、マンネリ打破のために、ついに〝メインキャラを死亡させる〟案が浮上中だという。

【関連】金ロー『名探偵コナン』ジン、無能説の幕開け? SNSが騒然「やる気のある無能」 ほか

「ここ最近の劇場版『名探偵コナン』は、人気キャラをメインに据えるやり方で大成功。2017年の『から紅の恋歌(ラブレター)』は服部平次&遠山和葉。18年の『ゼロの執行人』は安室透、19年の『紺青の拳(フィスト)』は怪盗キッド&京極真、21年の『緋色の弾丸』は赤井秀一、22年の『ハロウィンの花嫁』は安室透&高木刑事・佐藤刑事といった具合。そして今回の『黒鉄の魚影』は灰原哀がメインとなっています」(週刊誌記者)