浅野ゆう子の晩婚「生活が知りたい」と講演依頼が殺到中

(C)まいじつ

女優の浅野ゆう子が、各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第29回日本ジュエリーベストドレッサー賞』の『50代部門』を受賞し、1月25日に東京都内で行われた表彰式に出席した。昨年末に同世代の一般男性と結婚して以来、初めての公の場だった。

青紫のドレス姿で登場した浅野は、観客たちから「おめでとう!」と祝福されると笑顔で受賞のスピーチをし、「昨年末、大切な宝物がひとつ増えました」と幸せいっぱいに語った。

浅野は今月11日に公式ブログで結婚を発表し《お互いこの年齢で・・・とも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気遣いつつ、寄り添いながら穏やかに、これからの人生を歩んでいこうと決めました。》と決意を新たにつづっている。

 

「聞きたいことがいっぱいある!」

「浅野は60歳近い独身女性の憧れとなったことでしょう。全国から『結婚をテーマにした講演をしてほしい』、『夫婦の在り方について話してほしい』などと講演の依頼もあるといいます。1990年代を代表する女優である浅野が“アラカン”で結婚できたということで、『どうしたら素敵な男性と出会えるか』ということを聞きたい同年代の女性がたくさんいるということです」(芸能関係者)

SNSでも《出会いの秘訣からメイクの仕方まで聞きたいことがいっぱい》、《諦めずに男を捕まえる方法を知りたい》、《その年齢で結婚してどんないいことがあったか聞いてみたい》、《若いときに結婚しなかった理由が知りたい》など、多岐にわたって質問したい人がたくさん見受けられる。

「浅野はいまの50代や60代から見たら、いまだに手の届かないアイドルです。それが結婚して普通の主婦みたいな幸せコメントをしているだから、どういう生活をしているか知りたいと思われても不思議ではありません」(同・関係者)

浅野の“新婚ライフスタイル”が世の中の中高年を明るくしそうだ。

 

【あわせて読みたい】