『AKB48』不人気メンバー大量離脱!? グループの根幹を揺るがすチーム制休止

小栗有以 (C)まいじつ 

4月29日開催の『AKB48 春コンサート2023 ~好きだ!と叫ぼう~』で衝撃的な発表があった。現行の『AKB48』においてチーム制・キャプテン制を休止するというのだ。突然の方向転換に、ファンはもちろんメンバーも戸惑っているようで、界隈に殺伐とした空気が漂っている。

【関連】『AKB48』18期生が全員即選抜レベルと話題!「歴代最高」の神ビジュアル ほか

発表があったのはライブ終盤、アンコールでのこと。AKB48劇場公演の出演人数を今年の秋から16人に戻すこと、そしてチーム制・キャプテン制をともに休止することが明かされた。今後、正規メンバーと研究生の新体制に移行するそうだ。

「AKB48にはA、K、B、4、8の5つのチームがありましたが、チーム8は4月30日のラストコンサートをもって活動を休止しました。彼女たちにとってチーム制はほかのグループにはない、いわばアイデンティティ。かつてチームAには前田敦子、チームKには大島優子、チームBには渡辺麻友など、歴代のメンバーが所属し、チームごとに切磋琢磨しながらグループを高め続けていました。それが急に廃止になるとは…。メンバーやファンが困惑するのも当然です」(アイドルライター)