『ドラクエ』BGMの劣化は6以降? プレイヤーが困惑した“迷曲”3選

『ドラクエ』BGMの劣化は6以降? プレイヤーが困惑した“迷曲”3選

『ドラクエ』BGMの劣化は6以降? プレイヤーが困惑した“迷曲”3選 (C)PIXTA

大人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの歴史を振り返ると、これまでに数多くの名曲が生み出されてきた。しかしファンの間では、新作が出るたびに楽曲のクオリティが下がっているという指摘も少なくない。

今回はそんな同シリーズのBGMから、とくに賛否両論が激しい曲を3つ取り上げてみたい。

<その1>なぜかFFっぽい『勇気ある戦い』

1995年12月に発売されたスーパーファミコンの名作『ドラゴンクエストVI 幻の大地』。そのBGMでありながら、賛否が大きく分かれがちなのが『勇気ある戦い』だ。

主に通常戦闘時に流れるのだが、イ短調で暗いイメージのある楽曲。また「ドラクエ」シリーズでは珍しく、ベース音や重めのドラムが目立つロック調の曲となっており、プレイヤーたちを驚かせた。

また同じメイン戦闘曲で比べても、前作『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』からガラッと印象が変わっている。「ドラクエV」はオーケストラ風の楽曲で、主旋律によってプレイヤーを鼓舞するような力強さがあったが、「勇気ある戦い」はよく言えば大人向け、悪く言えばキャッチーではない曲と言えるだろう。

そのため一部のプレイヤーからは、《終始淡々としてる》《印象に残らない》《ファイナルファンタジーっぽい》などと微妙な評価を受けている。

ちなみに、同じく「ドラクエVI」の楽曲では、教会などで流れる『神に祈りを』も賛否両論を招くことが多い。どこか間の抜けた印象から、「のっぺっぺー」などとネタにされていた。

そもそも全体的なBGMに大きな変化があったタイトルなので、「ドラクエのBGMは6から劣化し始めた」と評価する人もいるようだ。

<その2>主旋律がネタ扱い…「刃の旋律」

「刃の旋律」は、2012年にWiiから発売されたオンラインゲーム『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』で初めて使用された楽曲だ。

ゲーム内ではメイン戦闘曲という位置付けだが、そのわりにスローテンポでのどかな印象を受ける。

印象的な旋律から「テレレー」とネタにされることも多く、《ドラクエ史上最もダサい戦闘曲》《致命的なまでのダサさとフレーズの使いまわし》《音が何か間抜けなんだよ、チャルメラじゃあるまいし》などと酷評されていた。

その原因としては、Wiiのシンセサイザー音源がチープな音色だったことがよく挙げられている。実際にその後発売されたWii U版ではオーケストラ風の音源で、まったく印象が異なる曲となっていた。

オーケストラバージョンでは迫力が増しており、戦闘曲にぴったりの勇壮なイメージとなっていたため、評価が逆転。プレイヤーたちも、《ゲーム音楽にはない抑揚と躍動感、すごすぎる》《オーケストラで真価を発揮した曲》《テレレーの本気》と低評価を撤回している。

<その3>まるで運動会の曲?『勇者は征く』

最後に紹介するのは、『勇者は征く』という楽曲。2017年7月に発売された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のフィールド曲だ。

全体的に力強い印象を与える曲であり、メロディーとしては故・すぎやまこういちさんが作曲した中山競馬場のG1ファンファーレにも似たところがある。

しかし運動会で使用される行進曲や、大河ドラマの劇中曲を連想させるとも言われており、プレイヤーのなかには《フィールド曲で最低だと思う》と酷評する人もいるようだ。

とはいえ、スタイリッシュではないものの、勇壮な曲調はいかにも「ドラクエ」らしいため、《今までのフィールド曲のどれよりも躍進感がある》《本当にかっこいいし、ドラクエらしくて好き》《平成クラシック史に残るザ・神曲》と絶賛するファンも多い。

良くも悪くも「ドラクエ」シリーズのBGMは強烈な印象を与える。今後発売されるタイトルで、どのようなな楽曲が生み出されていくのか楽しみだ。

文=ゴタシノブ

【画像】

Khosro / PIXTA