相撲関係者のモラル意識の低さに松本人志が呆れ顔

画/彩賀ゆう

1月28日に情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で大相撲の暴力問題が取り上げられた。4年前に春日野部屋で起こった傷害事件の隠ぺいに関して議論が交わされ、ゲスト出演した元貴闘力の鎌苅忠茂氏と松本人志のやりとりが話題となっている。

この日の放送では暴行を受けたとされる元力士がVTRで出演し、当時の状況を語った。1週間前にも番組で相撲関連の疑惑を扱ったばかりで、鎌苅氏にとっては2週間連続の同番組出演。松本は「こんなにすぐに(鎌苅氏に)会うことになるとはね」と、相次ぐ相撲界のスキャンダルに半ばあきれ顔だった。

ゲストコメンテーターのウエンツ瑛士は、春日野部屋の傷害事件について「(暴力が常態化したことによって)隠ぺいしたという自覚すらないのかもしれない」と嘆いた。「そういう(隠ぺいしている)意識が薄いのかもしれないですね」と相撲協会の現状を語る鎌苅氏は、野球賭博に関わったとして相撲協会から永久追放された経緯がある。松本は鎌苅氏に「貴闘力さんも、博打をした意識がないんですもんね」と冗談を言った。すると鎌苅氏はすぐさま「(意識は)ないです」と返した。これに出演者は爆笑し、「あれよ!(意識を持てよ)」と指摘する松本に鎌苅氏は「意識がないというか、自分の金で(賭け事を)やってるから…」と言い訳。「そっち(賭博した過去の)話を広げるなよ」と声を上げた。

 

相撲協会を離れた元関係者による公表を

ツイッターでは《お前、その立場でギャンブルに狂ったのか、そして離婚されたんだよな》と、鎌苅氏に対して呆れる声もあったが、《貴闘力も含め、元力士もグループを成して名指しして暴行している親方や部屋を公にして徹底的につぶしてほしい》と、鎌苅氏の冗談を含めた積極的な発言を褒める投稿もあった。また、《貴闘力さんご自身のギャンブル依存症は今の相撲協会とは関係ない。頑張って完全脱却してほしいなあ》と、焼肉屋の経営に奮闘する鎌苅氏を励ます声もあった。

相撲から引退したいまは、焼肉屋の繁盛を期待するほかない。

 

【あわせて読みたい】