『教場0』白石麻衣“チョイ役”確定か? ガッキー再投入も明らかに…

白石麻衣 

白石麻衣  (C)まいじつ 

5月15日放送の『教場0』(フジテレビ系)の次回予告で、新人刑事役として女優の白石麻衣が7話から投入されることが明らかになった。白石のファンは大いに沸いているが、演技力を不安視し視聴率の低下を懸念する声も。白石の出番がごくわずかにとどまる、との観測も出ている。

【関連】『教場0』視聴率低下で主役交代!? キムタクよりも有力なキャストは… ほか

第6話では終盤に遠野章宏(北村匠海)が襲われ意識不明の重体に。風間公親(木村拓哉)も目を刺された。第7話の予告動画では新人刑事役として「風間道場」に入門する鐘羅路子(白石)と風間のやりとりを主に紹介している。

このほか、番組ホームページによると遠野が刺された現場の実況見分に、3〜4話に登場した隼田聖子(新垣結衣)が訪れることも明かされている。

実績乏しく…他キャストでフォロー?

過去の『教場』シリーズで描かれなかった原作のエピソードを明かしている今回のシリーズ。第6話では風間の右目が刺されるシーンがあり、風間を襲った犯人役が俳優・森山未來であることも明らかになり大いに話題になった。第7話からはようやく注目が集まりそうだ。

ドラマが大いに盛り上がる中、白石が次週から投入されることが明らかになったわけだが…

「新垣結衣さんも再登場することが決まり、今後、坂口憲二さんの『本格参戦』も見込まれる。同ドラマでは新人刑事役にスポットを当て、俳優、女優が2話ずつ出演する決まりのようですが、豪華キャストがうようよいる中で白石さんの出番は相対的に減ってしまいそう。

白石さんはこのところ女優業にも進出しており、『Netflix』の『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』にも出演する。女優仕事は順調ではありますが、ただ赤楚衛二さんや染谷将太さんらに比べると、どうしても実績面で劣ってしまうのは明らか。

人気低下を免れるため、とりあえず刑事役には据えておくものの、新垣さんや坂口さんのシーンを多めにして白石さんを『チョイ役化』するとみられます」(ドラマライター)

『乃木坂46』時代からのファンからはブーイングも漏れそうだが、致し方なさそうだ。

【あわせて読みたい】