ホリエモン「助けてください」主催イベント難局に必死のアピール

(C)まいじつ

実業家の堀江貴文氏が、1月31日に東京都内で行われたメディア向け発表会に出席し、2月3日から2月4日にかけて六本木にて開催される『ホリエモン万博』の趣旨と内容を報道機関に向けて説明した。このとき、堀江氏は同イベントが集客目標に届かず大赤字になる見込みであることを繰り返し強調し、「皆さん、助けてください」と必死の呼びかけを行った。

同イベントは昨年にも開催実績があり、好評を博したようだったが「去年1,000人(目標)で1,500人集まったので、10倍行くぞと」と、強気の集客目標を立てた経緯を明かし、「大風呂敷を広げすぎましたね」と目標の高さを自省的に振り返った。

 

かかった費用は「数千万円」

(C)まいじつ

「費用は2日間でどれほどかかっているのか」という取材陣の質問に対して、堀江氏は「数千万円」と即答した。

同イベントは2月3日から2月4日にかけて『ベルサール六本木』、『ニコファーレ』、『V2 TOKYO』ほか六本木地区23会場で開催予定。堀江氏が『R-1ぐらんぷり2018』に出場した際のネタも披露される『お笑いグランプリ』のほか、乙武洋匡氏や歌手のさだまさしが出演する『怒涛の講演会』、音楽ライブや人狼、eスポーツ大会などの数々のコンテンツが楽しめるという。六本木に点在する施設を2日間使用するというだけでも、膨大な費用がかかると見られる。

また、節分にちなんで、堀江氏のいる方角を向いて食べる高級恵方巻き『ホリエ方巻き』(鮨職人秦野よしきプロデュース 2千円/照寿司プロデュース 2千円。10本入りプレミアム版は1万円、いずれも税込)も販売される。撮影タイムでは、カメラに睨みをきかせてホリエ方巻きにかぶりつく堀江氏の姿も見られた。

集客のためには体を張ることも厭わないようだ。

 

【あわせて読みたい】