「おかげでした」DVD発売告知も番組ファンから不満の声

(C)まいじつ

2月1日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、『みなさんのおかげです』時代のDVDが初めて3月21日に発売されることが告知された。番組が終了することもあって視聴者は歓迎するかと思いきや、価格面がネックとなったのか不評を買っている。

かつて『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)のDVDが発売された際には、出演シーンがモザイクで隠されているほど、とんねるずは版権に厳しいと言われている。そのため、おかげです時代の人気コントが収録されたDVDは発売されることはないだろうと予想していた人も多かった。それが一転して発売となり、ファンからは喜びの声が多く上がりそうなものだが、意外にも一部では批判的な意見が出ているという。

 

金額設定に不満の声

不評を買っている理由のひとつには、価格設定がある。3枚組で約3万円とかなり高く、しかもコレクション向けに保存用セットも発売するという。

保存用には封を開けると外箱が傷つく可能性があるという注意書きがあり、結局開けずに保管する人は、観賞用にもう1セット買うことになりそうだ。

ツイッターでは、《とんねるずのDVD3万円するんか…手が出せないな…》や、《遂に過去のコントをまた見れる。さすがに値段高いけど》といった意見が集まっている。

 

あの人気キャラも収録されず?

気になるDVDの収録内容については、『チェッカーズ』や荻野目洋子らが出演したコントが収録されると告知された。一方で大人気キャラクターだった『仮面ノリダー』が収録されないのではないかという噂も出ている。

《仮面ノリダーはどうなるんだろう。権利の都合で出せないらしいけど》
《仮面ノリダーはやっぱ無理なのかな?》
《数年前に食わず嫌いのコーナーで仮面ノリダーの映像使った時に「版権:東映」と出たから…う〜ん厳しいね!》

仮面ノリダーは、言わずと知れた『仮面ライダー』のパロディだが、仮面ライダーを扱う“本家”から許可が下りないのではないかと予想されているようだ。

そのほかにも、ブレイク前の松嶋菜々子が出演していたコントや、番組休止のきっかけとなった『保毛男田保毛男』、『宜保タカ子』など、収録できそうにないキャラクター、企画は多く挙げられる。

高価なDVDセットだが、ファンにとってはやや物足りない内容になってしまう可能性もありそうだ。

 

【あわせて読みたい】