小泉今日子が所属事務所から独立した本当の理由

(C)まいじつ

女優の小泉今日子が2月1日に所属芸能事務所からの独立を発表した。

小泉は個人事務所のホームページで以下のように独立した経緯を説明している。

《私、小泉今日子は2018年1月31日をもちまして永年お世話になりました株式会社バーニングプロダクションから独立することになりましたことをご報告致します。

バーニングプロダクションにはデビューから36年もの間、育て守って頂いたことに返しきれないほどの恩を感じておりますが、50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました。より成熟したエンターテイメントの世界を見てみたい。そのために自分が出来ることは何か。マネージメントとアーティストとの関係性も含めて模索して行きたいと思っています。》

さらに俳優の豊原功補との恋愛関係についても触れている。

《2015年に立ち上げた株式会社明後日は新しい夢のために設立した制作会社です。設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。ですが事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。豊原氏にはご家庭があります。最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました。この一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません。》

 

恋愛のもつれで独立した訳ではない

ある芸能関係者はこう言う。

「豊原との関係がバーニングからの独立の原因となったのではありません。かつて、女優ののんが事務所から独立するにあたって、小泉はのんの味方であることを宣言し、何度も彼女の相談に乗っていました。この動きに、のんがバーニング系の事務所所属であったために、小泉はバーニング関係者の怒りを買い、以降は関係がぎくしゃくしていたのです。独立はあのときの“のん独立騒動”を清算するためのものなのです」

ただし、独立への話し合いは円満におこなわれた模様だ。

「小泉はこれまで、バーニングに大きな利益をもたらしてきました。気持ちよく送り出したのではないでしょうか」(同・関係者)

そして小泉は、のんを受け入れる準備をしているという。近いうちに、のんが小泉の事務所に入る報道を耳にするかもしれない。

 

【あわせて読みたい】