草彅剛「ぷっすま」終了の裏にはジャニーズの影

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月27日に草彅剛のレギュラー出演するバラエティー番組『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)が3月末で終了すると報じられた。

「ほぼ全てのスポーツ新聞で報じられたということは、リークがあった可能性が高いということです。ジャニーズ事務所が“草彅つぶし”のためにリークしたのではないかという噂です」(ジャニーズライター)

香取慎吾もレギュラー番組『おじゃMAP!! 』(フジテレビ)が3月で終了する。

「香取は“反ジャニーズ事務所”の態度を前から明確にしていたし、いずれはレギュラーをはく奪されるのは分かっていました。しかし、草彅にはジャニーズも当面は露骨に圧力をかけないだろうと思われていました。ただ今回のぷっすま終了によって、草彅も消したい存在だということが明らかになったのです」(同・ライター)

草彅が明確な標的になった理由には、1月23日発売の『週刊女性』(2月6日号)で草彅がインタビューを受けたことが影響しているという。

「週刊女性はジャニーズに対して批判記事を掲載する週刊誌です。それに草彅が出たので、ジャニーズは制裁措置を取った。草彅はインタビュー内でジャニーズの批判は一切していません。それにもかかわらず、攻撃の対象にされたのです」(女性誌編集者)

草彅のインタビュー記事には《約20年ぶりの特写登場》という見出しが付けられていた。これには理由があるという。

「かつて週刊女性にはジャニーズと蜜月だった時代もありました。しかし、ほかの編集部とのトラブルもあり、内容にまで口を出すジャニーズを受け付けず、けんか別れをしているのです」(同・編集者)

 

ジャニーズは反撃に遭う可能性も

草彅を降板させたことで、ジャニーズ事務所が受けたダメージは大きいという。

「草彅はジャニーズを退所後も『ブラタモリ』(NHK)のナレーションを継続しています。これは、タモリが草彅のことを非常に買っていることが大きく影響しています。タモリは大手芸能プロダクションの看板タレントで、草彅たちの事務所のバックには今後、そのタモリ所属の芸能プロダクションが付くと見られています。ジャニーズが草彅と香取の降板劇の“しっぺ返し”を食うかもしれません」(芸能プロダクション関係者)

今後の展開に注目が集まりそうだ。

 

【あわせて読みたい】