7大陸を制覇⁉ シルクの華麗な男性遍歴

izolabo / PIXTA(ピクスタ)

izolabo / PIXTA(ピクスタ)

先日、タレントのシルクがイベントに出席し、年商20億円の会社経営者である新恋人について明らかにした。相手は唐沢寿明似の男性で年齢は50歳だという。

「シルク本人も実業家の側面があって、美容イベント『べっぴん塾』と、その関連本、自主制作のカレンダーで稼いでいます。今回の相手とは2016年11月のイベント『シルクのカリブ海deべっぴん塾クルーズ』で、同じ船に乗っていたときに知り合ったそうです」(芸能ライター)

イベントには、シルクと仲のいい夫婦漫才コンビ『かつみ・さゆり』らも出席。さゆりはシルクの恋人と面識があるらしく「めっちゃ男前で、この世をすべて手に入れはった(ような感じの)人です」と語った。

シルクといえば、これまで、プロ野球のオリックス・バファローズのテリー・コリンズ元監督や、20歳以上年下の薬剤師、15歳以上年下の医師との交際が報じられており、華麗な恋愛遍歴の持ち主だ。

イベントでかつみは、これまでのシルクの恋人について「僕が知ってるのはケニア人ダンサーとか、外国人3人」と暴露していた。

「後日、さゆりがテレビ番組で『シルクさんは(わたしが)20歳のときから見てますが、本当にモテるんです。ワールドワイド。たぶん7大陸の男を制覇してると思う。自分から行くのではなくて、食虫植物みたいに(相手が寄ってくる)』と証言していました」(前出・ライター)

 

シルクの恋人が国際色豊かな理由

交際相手は国際色豊かで、年下が多いというのが特長だが、その背景にはシルクが大阪外国語大学を卒業しており、『ダウンタウン』の松本人志のベストセラー『遺書』を英訳した才媛という点もあるだろう。

「シルクは“体内からフェロモンを出す”ことにこだわっており、そのために定期的に若手男性芸人をご飯に誘って、食べる前に若手の手を握るとか、サルサを男性と踊っているそうです」(同・ライター)

今回も結婚には慎重のようだが…。

 

【画像】

izolabo / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】