「ミーハーな恋愛」の末に…中島美嘉の離婚真相

(C)まいじつ

歌手の中島美嘉とバレーボール北京五輪日本代表の清水邦広が離婚を発表した。清水はツイッターにふたり連名のコメントが掲載された画像を投稿している。

中島と清水は2014年12月25日に結婚。中島が清水のファンだったことから知人を通じて知り合い、交際に発展したという。中島は2010年10月に両側耳管開放症の悪化を理由に無期限の音楽活動休止を発表し、半年後に活動を再開した。このミュージシャンとして苦しい時期に、清水の親身のアドバイスで救われたことなども明かしていた。

結婚後は清水の試合会場に中島が足を運ぶ姿が見られたり、中島がインスタグラムへふたり仲睦まじく写った写真を投稿するなど、おしどり夫婦として知られていた。しかし、2016年5月を最後に、清水は中島のインスタグラムに登場していなかった。

 

離婚の原因は中島に?

「別れた理由は中島があまりにもわがままだからです。寂しくなると深夜にもかかわらず『いますぐ車飛ばして会いに来て』とリクエストするなど、次第に要求がエスカレートしていきました」(芸能関係者)

もともと中島が清水の試合をテレビで見て一目ぼれし、交際が始まったという“ミーハーな恋愛”だった。だが、意外にもふたりの絆は深かったという。

「清水はどんなに仲がいい友達と遊んでいても、夜8時になると『妻が待っている』と言って早く帰る真面目な生活をしていたようです。どちらかというと後年は、清水の方が中島にベタ惚れでしたが、中島はそうでもなく冷めていた。この“逆転現象”が離婚の理由でしょう」(同・関係者)

清水の“時間差攻撃”が仇となったのだろうか。

 

【あわせて読みたい】