高橋真麻の「不倫に対する正論」にネットが騒然

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの高橋真麻が、2月5日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、小泉今日子との不倫関係を認めた俳優の豊原功補の会見について「結構感じ悪い会見だった」と率直な感想を吐露した。

番組では、小泉との不倫を認めた豊原の会見の様子を放送。豊原は、なぜいま公表したのかということや、別居している家族への思い、小泉への思いなどを言葉を選びながら慎重に語った。

この様子をスタジオで見ていた高橋は感想を求められると「豊原さんは俳優としては本当に素敵な方だと思うんですけど…」と前置きした上で「結構感じ悪い会見だったな」と発言。その理由について「(会見中)足開いてみたり、足組んでみたり、言うことも固まってなくて、何のために会見やったんだろうって」と疑問を投げ掛けた。

番組MCの加藤浩次が「世間に謝る必要はないって、ご本人が思ってらっしゃるのかもしれない」と会見の態度の理由を推測すると、高橋は「そうですね。でも、今回のことって、いいの? って。散々不倫とかってたたかれてきたじゃないですか。あまりにも公にし過ぎていてスルーされがちですけど、これ、いいの? って」と、堂々とし過ぎて見過ごされがちという現状に疑問を呈していた。

そんな高橋の発言に対して、SNSでは多くの反響が集まった。

《高橋のコメントもいつも定まっていない》
《不倫を裁く立場になったのか》
《不倫がいいか悪いかは世論が決めることで、スルーするかしないかも世論が決めること》

「小泉と豊原の不倫をたたくと、ネットで袋だたきに遭うという不思議な現象が起きています。一応、小泉と豊原があっさりと不倫を認めたために、“潔い”として世論を味方に付けたことが大きいと思います」(芸能関係者)

 

小泉と豊原の背後に謎の人物が?

ここまで開き直られると記事として追跡しにくいと夕刊紙記者は言う。

「うちも紙面で小泉と豊原の不倫の裏事情を取り上げたいのですが、はっきり言ってここまで開き直られると掘り下げようがないです。豊原と小泉のメディア戦略は成功しているといえます」

一説には、「今回の小泉と豊原の対応を指示しているテレビ局関係者がいる」と囁かれている。

「その人物は、50歳半ばの元テレビ局プロデューサー。いまは独立して会社を興しており、ふたりの共通の知人です。ふたりがもし結婚した場合、仲人的な役割を果たすかもしれません。つまり両方の相談にのっているということです」(同・記者)

今後の方針もこの元プロデューサーによって描かれているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】