明石家さんまが「めちゃイケ」後番組の出演を断った理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月いっぱいで終了することが決まっているフジテレビのバラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』。フジテレビの土曜日午後8時から1時間という放送枠は、1980年代に『オレたちひょうきん族』が放送され、民放のトップに躍り出る原動力になった伝統の枠だ。

「何が何でも視聴率を取りにいかなければならない枠でしょう。でも、めちゃイケが終わったあとの番組については、いまだにフジテレビから公式の発表がありません。ことごとく新番組を回すMCに断り続けられているからだといいます」(テレビ雑誌編集者)

一体その裏にはどんな事情があるのだろうか。

「フジテレビはこの枠で、明石家さんまをメインMCに据えた旅番組かお笑い番組をやろうとしたのです。何度か企画会議めいた打ち合わせが行われたのですが、『さんま側から断りが入ったようだ』とスタッフに近い人から聞きました。昨年末から2度、制作スタッフがさんまと食事を重ねた上での結論だそうです」(芸能関係者)

 

「若手にチャンスを」

さんまが断ったことには、それなりの背景があった。昨年9月に放送された『FNS27時間テレビ』にさんまはゲストとして呼ばれていたが、体力測定をすると聞かされていたコーナーの内容が、実際にはキャスティングなども含めて打ち合わせ段階と大きく違っていたという。

「コーナーの内容が全く違ったことで、さんまは怒り心頭になり『なんで打ち合わせ通りにせいへんのや』とスタッフに当たり散らしたみたいです。さんまの言い分のほうが的を射ていた状況なのですが…」(フジテレビ関係者)

もしもさんまが新番組を引き受けていれば、土曜8時の枠へ27年ぶりの復帰となるはずだった。

「めちゃイケの後番組はそれなりに注目を浴びることでしょう。誰が担当したとしても、プレッシャーがのしかかります。さんまの意図としてはおそらく、『自分がやるよりは吉本興業の若手にチャンスをやってくれ』ということでしょう」(前出・芸能関係者)

はたして、めちゃイケのあとにはどんな番組が始まるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】