【吉見健明のダッグアウト取材メモ】清原と桑田「絶縁」…本当の理由

正論だ。しかし、桑田氏に対しても不信感を拭えない。そもそも清原と桑田氏の確執は、桑田氏の巨人入団時の裏切りだといわれているが、私が清原の側近から聞いた話はこうだ。

「桑田が早稲田大学に進学すると公言した裏で巨人と密約あった件は、清原の中ではすでに整理がついていました。しかし、『ワイと違って桑田は良い子ぶっているだけなのに、何でヤツだけ受け入れられるんや』と、清原はボヤいていました」(清原側近)

桑田氏は不動産関係で多額な借金を抱え、“投げる不動産屋!”と揶揄されたことがある。また、私の取材では、某暴力団関係者との交際疑惑や、野球賭博疑惑まで囁かれた。

桑田氏にしてみれば、それらの疑惑や借金問題などはすべて過去のものとして無かったことなのかもしれない。自分の清廉潔白さをアピールする胸中が見え隠れしてならない。

大阪スポニチ時代に広島カープ担当だった際、江夏豊がこう私に浴びせた。

「浩二や田淵と同じことをしているのに、何でワシだけ悪者になるんや! ワシに聞かなくても浩二がいるやろ!」

浩二とは、ミスター赤ヘルの山本浩二、田淵はミスタータイガースの田淵幸一だ。浩二と田淵の二人は法政大学野球部で同じ釜の飯を食った同級生だ。

そういう間柄を江夏は知っているから、ひねくれて見せたのだ。最終的には取材に応じてくれるのだが、阪神時代もまずは「田淵がいるだろ!」と取材拒否されるのが定番だった。