フジテレビ「石橋貴明の新番組」に辛口意見続出

(C)まいじつ

視聴率低迷に苦しむフジテレビが、『とんねるず』の石橋貴明を起用して新番組を始めるという。

「3月で『とんねるずのみなさんのおかげでした』は終了しますが、4月から石橋とミッツ・マングローブのふたりがMCの番組を始めるそうです。放送日時は月曜日の午後11時で、タイトルは未定。テーマは“大人のノスタルジーを刺激するトーク番組”で、毎回ゲストを呼んでアイドルやテレビ、歌謡曲、野球などさまざまな話題の“少し昔の話”を語り合うスタイルのようです」(テレビ雑誌編集者)

月曜午後11時という時間はこれまで『あいのり』、『テラスハウス』、『キスマイBUSAIKU!?』など、テレビ業界内で評判になる実験的な若者向けの番組が放送されてきた。今回、視聴者のターゲット年齢を上げてきた理由はなぜだろうか。

「若い層はもうテレビを見ないものだと、半ば諦めたのかもしれません。石橋もミッツも、テーマとなるアイドルや歌謡曲などの知識は深く、彼らと同年代の“懐古趣味”に寄せた番組の方がましだと思ったのでしょう。特に斬新なアイデアというわけではありません」(同・編集者)

 

石橋だけがフジテレビに残った理由

石橋とミッツのふたりは、共演経験こそあるものの、一緒に番組MCを務めるのは初めてだ。新番組の関卓也プロデューサーは「石橋さんのエネルギーがミッツさんとどんな化学反応を起こすか大変楽しみ」と話しているが…。

「とんねるずの番組が終わるのは、予算が膨大にかかる割に視聴率が取れないからです。とはいえ、簡単には切れない。だから石橋を残したのでしょう。相方の木梨憲武は、どちらかというと“絵”に専念したいという意向を示しており、この先は『とんねるず』として活動する機会はあまりないと思います。もし活動するとしても、スペシャル番組で木梨が少しコーナーに出る程度でしょう。木梨は、テレビの世界でのタレントとしての役割は、もうあらかた終わったと考えているようです」(芸能関係者)

SNSでも《とんねるずそのものもオワコンで、どこかで見たことあるような内容だな》、《また昔話の番組やるのかよ》、《内輪ウケの話が好きだね。いつまでバブルを引きずる気なの?》などといった手厳しい意見が並んでいる。

はたして狙い通りに“若者以外の視聴者”は新番組を見てくれるだろうか。

 

【あわせて読みたい】