「天然クイーン」滝沢カレンがダウンタウンを救う!?

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

フジテレビで長期間続いたバラエティー番組が次々と終了発表されていくなか、金曜日の夜に放送されている『ダウンタウンなう』が槍玉に挙げられているという。

「フジは“てこ入れ”のために相当な数の番組が終了させて入れ替えますが、4月の改編を何とか生き残ったダウンタウンなうも、その内実は予算がかなり苦しいのではないかともっぱらの噂になっています。今後、徐々にゲストのグレードを落としていって、なしくずし的に番組が終了するように持っていく狙いがあるという、まことしやかな話もあるほどです」(芸能関係者)

ダウンタウンなうのメインコーナー『本音ではしご酒』は、坂上忍のギャラが高騰しているためにゲストの格が落ちてきているという指摘もある。SNSでも《このところゲストにインパクトがない》、《坂上が酒を飲みたいだけの番組のようにも見える》などといった手厳しい意見が集まっている。

 

反撃攻勢のきっかけを期待される滝沢カレン

そんななか、2月9日の放送に、予測不能な発言で多くのバラエティー番組に出演するようになった滝沢カレンが出演する。

「滝沢の勢いはすごいですよ。いまテレビで彼女を見ない日はないでしょう。2月15日にオフィシャルカレンダーを発売するのですが、予約が殺到したために発売前から重版が決定しました。大ヒットした松岡修造の日めくりカレンダーを彷彿させる“滝沢節”満載の日めくりと、曜日めくりカレンダーです」(芸能記者)

カレンダーでは滝沢が“31”種類のさまざまな職業に扮している。もちろん滝沢ならではの独特な日本語表現で、毎日を彩ってくれるそうだ。

はたして『ダウンタウンなう』は、くすぶる行く末に光明を見出せるのか。番組スタッフは“天然クイーン”滝沢の力で何とかしたいと思っているに違いない。

 

【あわせて読みたい】