台湾地震「募金先悪質デマ」拡散騒動の顛末

CORA / PIXTA(ピクスタ)

CORA / PIXTA(ピクスタ)

2月6日に台湾東部で発生した地震を受け、俳優の阿部寛が1000万円寄付すると宣言をして、日本国内でも寄附などの支援を呼び掛ける声が高まっている。そんななか、あるツイッターユーザーの寄付に関する投稿が大きな波紋を呼んだ。

その投稿は《台湾の地震で募金するときの注意事項》との書き出しで始まり、《ドラえもん募金(朝日系列。一部しか届かず残りは朝鮮へ)サザエさん募金(フジ系列。同じく。)日本ユニセフ(一番ダメ。アグネスチャンやスタッフの収益に大半が消費される。)ピースウインズ(北朝鮮系。言わずもがな。)募金する際は直接日本赤十字へ!》といった内容だった。

この投稿は2月8日に6万件以上もリツイートされて話題になった。この投稿の内容が事実ならば由々しき問題だが、結論からいうとデマだと判明した。

テレビ朝日のドラえもん募金は寄付先を公表しているし、フジテレビのサザエさん募金も同様だ。日本ユニセフはユニセフ本体との取り決めで最大25%まで経費と認められていて、これは固定ではなく年間で変動があり、2016年は募金総額の82%程度をユニセフに送っていると公表している。ピースウインズは、確かに以前一度、北朝鮮に食糧を支援したが、必要としてるところに届いているか確認できないことから現在は取りやめており、財務諸表も公表している。

 

デマの発信源に止まらない批判

デマだと分かると、この投稿へ多くの批判が飛んだ。

《間違った情報を拡散するのはやめてください。少なくともテレ朝、フジテレビ等のテレビ局については、募金額は全額被災地に届けられています。それだけでなく、テレビ局自身も募金を加えて被災地に送られています。テレビ局だけでなく、寄付した人に対する冒涜です。訴えられなければいいですね。》
《台湾の地震を利用して、自分の嫌いな国やメディアに攻撃しようっていう考え方が丸見えでムカついてくる。》

デマを流したアカウントはその後、《皆様の善意が現地に届く事を願ってでしたが、騒ぎになる事は本意ではありません。当該ツイートは削除しました。また、行き過ぎた表現がありました事、関係者の皆様へお詫び申し上げます。慈善、救援活動について支えたい気持ちに偽りは無いですし、今後とも支援を行って参りたいと考えております。》と、投稿を削除したことを告げて謝罪した。

しかし、当該アカウントへの批判は止まらなかった。

《何が「本意ではなかった」ですか。自分も震災ボランティアとして活動していて、あなたのような心無いデマに蹂躙された経験がありますが、とてもじゃないですが許し難いです。愛国無罪のノリでやっちゃったんでしょうけど、司法はそのような事は加味してくれませんよ。ちゃんと賠償責任を負ってください》
《騒ぎになったから。表現が行き過ぎたから。話にならないな。自分の嫌いなものを攻撃する為に、皆様の善意と被災者を利用して、明確な嘘を吐いたんだろ。関係者にお詫びってなんだ。騙した皆様や利用した台湾や攻撃した朝鮮は無視か。関係者の皆様は容赦なく訴えてほしいと心の底から願うね。》

デマを拡散された各団体は訴訟も検討しているところもあるという。

現在このアカウントは投稿を非公開にしていて、投稿内容を見ることはできない。この後、どういった責任を取らされるのか不明だが、ネットでの言動には注意した方がいいということは学んだだろう。

 

【画像】

CORA / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】