香取慎吾が次々仕掛けられるドッキリに「神対応」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月14日にバラエティー番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が放送された。最終回が近づくなかでこの日の内容は、メインMCの香取慎吾に対して『アンタッチャブル』の山崎弘也が“ドッキリ30連続”で仕掛けるというものだった。その流れのなかで、山崎がさりげなく香取の功績をほめたたえる展開になり、ドッキリに対して怒らなかった香取の対応を含め、番組を絶賛する意見が相次いでいる。

放送では、香取に熱海をめぐる趣旨だと嘘を伝え、地元商店街の協力を仰ぎながら、香取に対して極度に熱いまんじゅうを手渡ししたり、店員が手をベトベトにした状態で香取と握手を交わしたりと、香取を驚かせていった。そして番組の最後には、香取を落とし穴に落とし、30連発のドッキリを締めくくった。

この様子を香取はVTRで見守っていたが、ドッキリの連発にやや不満げだった様子。ただ、香取は山崎のひと言で機嫌を戻した様子だった。

 

「香取慎吾のキャリアの全てが詰まってる」

山崎は「アイドルがやらなかったことを(いままで)やってきたことのすごみを感じましたよ」と、ドッキリに対して激怒せずに対応した香取をほめた。『SMAP』時代にも、当時のアイドルとしては珍しいコントに挑戦するなどした香取の姿勢をほめたたえた。

香取も、これには思わず「おう、やっぱ…ありがとう」と少し照れているようだった。

相次ぐドッキリにも激怒せず、苦笑いでやり過ごした香取と山崎に対し、ツイッターでは好意的な意見が多く集まった。

《山崎の「倍返し」からの「恩返し」が泣ける》
《お互いがお互いを信頼し合ってるからこそ面白い番組が作れるんだね》
《バラエティーで育って来たから、なんだかんだいいながらもイキイキしてる》
《落とし穴にはまった瞬間、あの数秒に香取慎吾のキャリアの全てが詰まってる》

香取は番組終了後にツイッターへ次のように投稿している。

この投稿には8000件以上の“いいね!”が付き、香取をたたえるリプライも多数投稿された。そのなかには、《その瞬間、中居くんも頑張ってるよぉ》と、平昌五輪の中継に臨む中居の姿を写真に収めて投稿し、元SMAP同士の“復縁”を期待するものもあった。

おじゃMAP終了を惜しむ声は相変わらず根強い。

 

【あわせて読みたい】