自衛隊の教える「寒さ対策」がすごい!

連日のように寒波が押し寄せ、極寒の日が続く日本列島。マスクやマフラー、使い捨てカイロなどで防寒対策をしたのはいいが、帰宅するころには体が冷えきってしまって、あまり効果が感じられないという人もいるのではないだろうか。

そんな人にオススメなのがYouTubeの『自衛隊 LIFEHACK CHANNEL(ライフハックチャンネル)』だ。

この動画チャンネルは、現役の自衛隊員の寒さから“自衛”する方法や、災害や事故の際に役立つノウハウが紹介されており、合計29の動画の視聴回数は20万回以上という人気を誇っている。

紹介されている寒さ対策にビニールのカッパを使う方法がある。これは100円ショップなどで売っているビニールカッパを上着の下に着込むだけという簡単な方法だが、動画内では《動くとすぐに暑くなる》という注意がされるほど効果はてきめんだという。薄着で出掛けてしまったときなどに、近くに100円ショップがあればすぐに対策できるので、緊急時などに試してみたい。

また、自衛隊ならではの寒さ対策として『乾布摩擦』も紹介されている。海上自衛隊幹部候補生は毎日実践しているそうで、冷え性を改善し、寒さへの抵抗力と免疫力が高まるそうだ。Tシャツの上からでも効果があるので、必ずしも上半身裸にならなくてもいい。まずは気軽に始めてみよう。最初は弱めから始め、慣れてきたら肌が赤くなるくらいまで頑張ってみると効果的だという。

 

「運動会の勝ち方」も紹介

この自衛隊ライフハックチャンネルでは、ほかにも以下のようなアイデアが紹介されている。

  • 使い捨てカイロを使い捨てで終わらせない方法
  • 車内のガラス曇りを軽減する方法
  • 車につもった雪の落とし方
  • 自衛隊式! 雪かきの作法

こういった冬に役立つことのほかにも、『夏編』や『秋編』があり、季節ごとにためになるトピックが満載だ。変わったものでは《運動会で勝ち抜く方法》で障害物競走のときにおこなう『ほふく前進』のコツを紹介しているものもある。

どれもひとつの動画あたり30秒程度なので、ちょっとした作業の合間に気軽に視聴できる。ぜひ、参考にしてみよう。

 

【画像】

(C)Getmilitaryphotos / Shutterstock

【動画】

自衛隊式!かまくらの作り方 – YouTube

【あわせて読みたい】