濱松恵「枕営業暴露」に渋い顔を浮かべる芸能事務所関係者

(C)Adam Gregor / Shutterstock

(C)Shutterstock

お笑いトリオ『東京03』の豊本明長との不倫が報じられ、自ら関係を告白したことで話題になった女優の濱松恵が、これまでに経験したり見聞きしてきたという芸能界の“枕営業の実態”を暴露した。

濱松は2月15日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演し、昔から芸能界ではびこっているといわれる“枕営業”や“性的接待”について「噂だとみんな思ってるのですけど、実際にある話。わたしの友達なんかもそれはあって、さすがに未成年のときにはないですけど、二十歳越えてくると声を掛けてくる方がいます。テレビ局の方だったり雑誌社のお偉いさんだったりとかが、『きょうの接待、来ないんだったらもう仕事をあげないよ』とか、そういうことが結構あります」と明かした。

女性芸能人たちは、ほとんど立場的に断ることができず、仕方なくそうした場に行くのだという。

濱松は生々しく「行くとやっぱり触られるし、胸も揉まれるし、キスもされるし。やっぱり女の子たちも怖いから、録音するんですよ。8割は録音しています。わたしの周りは割とそういう子が多い」と暴露を続けた。さらに「男性もやっている」と、女性芸能人に限らず、男性芸能人が要職にある女性の相手に枕営業をするケースもあると話した。

自身の友人だという有名な俳優が、所属芸能事務所からの指示である女性プロデューサーとホテルで体の関係を持ったとし、「彼はその後、ひっきりなしにドラマや映画に出ている」とも発言した。

 

スタジオでは実際の名前も

「オンエアではカットされましたが、この濱松の暴露で具体的な名前が番組内で飛び交い、『スタジオに記者は入り込んでいないだろうな』と出入りチェックが厳重になったといいます。濱松は現在、かなり芸能事務所からマークされている存在で、『誰かあいつを黙らせろ』と戦略を練り始めた事務所もあるそうです」(芸能関係者)

枕営業に関して、テレビ番組や楽屋、あるいは知人に次々としゃべっている濱松に対し、芸能事務所が“包囲網”を敷きはじめているという。

だがしかし、このナカイの窓での濱松のトークは、SNSで次のように賞賛されている。

《よく言ってくれた。さすがテレビ東京》
《圧力にめげずに濱松さんには頑張ってほしい》
《今度は具体的なタレント名を週刊誌に暴露して》
《事実なら視聴者も知りたい話》

濱松の告白まだまだ続くのか。注目だ。

 

【画像】

(C)Adam Gregor / Shutterstock

【あわせて読みたい】