不祥事続きのフジテレビ「とくダネ!」が大幅テコ入れ

小倉智昭がMCを務める朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に、4月から山崎夕貴アナウンサーが起用される。

山崎アナは「歴史ある番組に携わることに身の引き締まる思いですが、自分らしさを忘れず、先輩方の胸をお借りして等身大でぶつかっていきたいと思います。これからよろしくお願いします」とコメント。これに小倉は「伊藤、山崎の両アナウンサーは、わたしの暴走を抑える強力な布陣です」と期待を寄せた。20年目を迎えるとくダネは、小倉と山崎アナ、そして伊藤利尋アナの3人体制になる。

「先ごろインターネットの芸能ニュースでも大きく扱われた、とくダネの大失態はひどかった。登山家の三浦雄一郎さんの写真に《故・三浦雄一郎さん》と誤ったテロップを付けて放送し、小倉智昭キャスターが平身低頭で謝罪しました。さらには、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会から、昨年放送したふたつの特集について『放送倫理違反があった』と指摘され、これについても番組内で謝罪したばかりです」(テレビ誌ライター)

放送倫理違反があったとされるふたつの特集は、両方とも完全な事実誤認で、BPOから「裏付けが不十分」などの理由が明かされている。

 

上層部は「裏方を全部入れ替えろ」

「これらの不祥事も重なったことで、とくダネは心機一転を図る予定です。度重なるミスに上層部も苛立ちを募らせており『リサーチャーから放送作家まで裏方を全部入れ替えろ』という意見すら出ています。しかし、信頼を取り返すには、かなりの時間がかかりそうです。視聴率がいまひとつな上に、失態が重なり、現場としては重苦しい雰囲気が漂い始めています。普段はジョークを連発する小倉も、最近は大人しい態度を取っている。リニューアルしても、この番組はそう長くないかもしれませんね」(芸能関係者)

ガチャピンやムックといった、とくダネの倍以上の期間を活躍してきたキャラクターの番組が終わるのに、むしろ不祥事続きの低視聴率番組であるとくダネが、4月以降も生き残ったことの方が不思議なくらいだ。

 

【あわせて読みたい】