森林(もりりん)に甘言(あまごん)…『ホロライブ』『にじさんじ』のVTuberたちが漢字クイズで珍解答…

森林(もりりん)に甘言(あまごん)…『ホロライブ』『にじさんじ』のVTuberたちが漢字クイズで珍解答連発

森林(もりりん)に甘言(あまごん)…『ホロライブ』『にじさんじ』のVTuberたちが漢字クイズで珍解答連発 (C)PIXTA

クイズ番組では、珍解答を連発する天然タレントの存在が必要不可欠。VTuber界隈でもその需要は変わらないようで、近頃『漢字でGO!』という漢字クイズゲームで、さまざまなVTuberたちが常識を覆すような解答を繰り出している。

珍解答を連発する「ホロライブ」

「漢字でGO!」は、制限時間内に漢字の読み方を答えるシンプルな形式。同作の実況で撮れ高を量産しているのが、『ホロライブ』の女性VTuber陣だ。

たとえばさくらみこは8月25日、もっとも難易度が低い「ノーマル」の問題に挑戦。「切口上」(きりこうじょう)の読み方を問う出題に対して、「きりくちじょう」「きこうじゅ」と迷走した結果、最終的に「きこうしゅ」という珍解答を導いていた。

中でも視聴者に衝撃を与えたのは、「森林」に関する出題だ。当然、正解は「しんりん」だが、さくらみこは何を思ったのか「もりりん」と解答。その後も「もりばやし」「ちくりん」などと誤答を続け、最終的には《(文字が)迫ってくると今まで読めてたのに読めなくなることある》と言い訳していた。

ほかにもさくらみこは、「根底」を「ねぞこ」、「巻末」を「まきすえ」、「一昨昨日」を「おとととにち」、「甘言」を「あまごん」などと、常識ではありえない珍解答を連発していた。

また博衣こよりは、8月24日の配信で漢字クイズに挑戦。難易度が高いヘルモードに挑み、「殿」(しんがり)という漢字を出題されると、「あなぐら」「でんがな」「とのさま」といった解答を連発していく。ただ、言葉として知らなかったわけではないようで、正答が表示されると《しんがりって殿って書くんだ》と納得した様子を見せていた。

一方、兎田ぺこらはそれなりに漢字が得意なようで、ノーマルモードを余裕そうに解いていた。しかしハードモードに挑戦すると、迷走する場面が。「雄蕊」(おしべ)の出題に対して、「おしんしん」と即答、さらに「おすしん」「おしん」「みこころ」と正解から離れていく。

また、「沈菜」(キムチ)という難読漢字に対しては、「ちんな」「でんな」などと独自の読み方を絞り出し、最終的に行き着いたのが「ちんげ」。解答後には、《ただの下ネタ言った女みたいになっちゃった》と自省していた。

奇跡の正答を導き出したVTuberも

一方で『にじさんじ』では、漢字に強いVTuberが目立っていた印象。たとえば100満点のお嬢様を目指す一般人こと壱百満天原サロメは、8月26日の配信で、見事な漢字力を見せていた。

ノーマルモードを楽々クリアすると、《私が賢すぎてごめんなさい》と言いながら、ゲキムズモードに挑戦。「潟湖」(かたこ)、「単峰駱駝」(ひとこぶらくだ)といった難読漢字を次々と的中させていく。

さらにその上のヘルモードでも、「薄足袋蛾」(うすたびが)、「何方道」(どっちみち)といった難問に正解。また「背黄青鸚哥」が出題された際には、その字面から《背が黄色で青いやつ》と連想し、見事に「セキセイインコ」という正解に辿り着き、コメント欄から喝采を浴びていた。

また、インテリ系ライバーとして知られるリゼ・ヘルエスタも、8月24日の配信でその実力をいかんなく発揮。ゲキムズモードにて、「傾れ込む」(なだれこむ)や「斗折蛇行」(とせつだこう)、「迂い」(とおい)、「鳳梨」(ほうり)などの難読漢字を次々言い当ててみせた。

その一方で、漢字の知識とは別に、とあるミラクルを引き起こしたのが男性ライバーのローレン・イロアスだ。8月29日の配信で、カナダの首都・オタワの漢字表記である「倭塔瓦」が出題された際にそれは起きた。

ローレンは最初「いぎりす」と打ち込むが正解の鐘は鳴らず、絶望しながら《オワタ》と呟くと、やぶれかぶれに「おたわ」と入力。それがまさかの正解となってしまい、「オタワマ?」と驚愕の声を上げるのだった。

珍解答を突き詰めるか、知的なところをアピールするか、VTuberによって大きく戦略が異なる漢字クイズ。次はどのVTuberが伝説を残すだろうか…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

metamorworks / PIXTA