古市憲寿氏、ジャニーズ性加害問題に言及!「本人だけで成立している訳ではない」発言は盟友・中居正広の英断を評価?

古市憲寿 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

社会学者・古市憲寿氏が9月11日に投稿した長文ポストが話題を集めている。

古市氏が触れたのはジャニーズ事務所の問題。創業者・ジャニー喜多川氏の性加害を認めたことで、世間のバッシングはピークに達し、所属タレントへの憶測や批判も殺到。CM契約をはじめ、タレント個々の芸能活動にも影響が出ている。

【関連】モスバーガーがSnow Manの新CM起用継続を急遽取りやめ 考えられるべきはジャニーズ事務所の自浄作用や契約継続のリスクとメリット ほか

これには組織の問題であって、タレント個人の問題ではないという意見あるが、「活動したいなら事務所を移籍すればいい」との批判も多い。