好感度No.1女子アナ・水ト麻美が「独立決意」で日テレ役員大慌て

「業界で最有力視されているのが、福山雅治や吉高由里子らが所属する最大手のAです。一時、名前の挙がった吉本興業は条件的に折り合わなかったようです。水卜アナがAに所属する可能性は非常に高いと思いますよ」(業界事情通)

ちなみに、水卜アナはこれまで通り日テレの『ヒルナンデス!』、『幸せ!ボンビーガール』、『有吉ゼミ』の3番組には出演し続けるという。それにしてもなぜ、この時期に独立してフリーアナになることを決意したのか。

「やはり一番は年齢でしょう。あと2年で水卜アナも三十路を迎えることになる。30歳になれば坂道を転がり落ちるように年を取っていくだけ。また、局アナとしてではなく、一人のアナウンサーとしてテレビ界や芸能界でのポジションを確立しておきたいと考えていたようです」(芸能事務所関係者)

もう一つの理由は、フジテレビの“カトパン”こと加藤綾子アナ(30)の独立にショックを受けたからだ。

「水卜アナと比較して2年先輩の加藤アナは、水卜アナの目標でもあった。2年後の自分として、常にその姿を重ね合わせていたようです。このまま日テレに残っていてもプライバシーを切り売りされるだけ。しかも、年収はフジやテレビ朝日、TBS、そしてテレビ東京よりも低い最安値の800万円。だったら自分もカトパンのようにフリーになって勝負をしてみたいと思い始めたのです」(事情通)