まだまだ寒い冬に知っておきたい「かけ布団」の正しい順番

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

寒い夜には暖かい布団でぐっすりと眠りにつきたいが、布団をかける順番によって快適度が全く違うことをご存じだろうか。正しい毛布の使い方をすることによって保温効果が格段に変わるのだ。

よく間違った使い方をされているのが『羽毛布団』。ふんわりと軽く体温で暖められると保温性を発揮するので、冬には欠かせないものだが、かける順番を間違うと効果が激減してしまう。羽毛布団は内側にして、その上に毛布をかけるのが正解なのだ。

毛布が一番下で、直接肌に触れるようにしてからその上に羽毛布団をかけている人は多い。だがこれは大きな間違いで、体と羽毛布団のあいだに毛布があると、羽毛を体温によって温めることができず、保温性が落ちてしまう。

羽毛布団の上に毛布を掛ける際に気を付けたいのは、重い毛布だと羽毛が十分に膨らまなくなってしまう。この場合は、夏に使用するタオルケットをかけるといいだろう。タオルケットはパイル糸の中に空気が含まれているので、保温効果も期待できる。

また、体の熱は上からだけではなく下からも逃げていく。敷布団の上に1枚毛布を加えることで保温効果が格段に高まるので、試してみるといいだろう。就寝中に身体から出た熱を毛布が受け止めてくれるので、保温効果が倍増する。

 

2~3度の違いが睡眠の質を大きく変える

電気毛布を使っている人は使い方に注意が必要だ。一晩中付けっぱなしにしていると、布団のなかの温度が下がらないため、体温の自然な変化を身体が感じ取ることができず、目覚めた時に疲労感が残ることがある。電気毛布は就寝する1時間くらい前にスイッチを入れ、十分布団が温まった就寝時には電源をオフにするといった使い方がおすすめだ。

布団はそのかけかたによっては2~3度の温度差が出る。たかが数度だが、風呂の湯の温度を想像すると、いかにその数度で身体の感じ方が変わるか分かるだろう。正しい順番で布団をかけることによって、睡眠の質もよくなり、しっかりと体を休めることが可能になるのだ。

まずは自宅の布団を確認してみよう。

 

【あわせて読みたい】