テレビやラジオに出演する「靴職人」花田優一氏に批判集中

(C)FuzzBones / Shutterstock

(C)Shutterstock

2月25日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、大相撲の貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一氏が出演した。花田氏は軽快なトークを繰り広げたが、視聴者からは「靴職人がテレビに出演する意味が分からない」などと冷ややかな意見が出ている。

番組司会の上田晋也が「お父さんは寡黙なイメージだが、ダジャレも言うんでしょ?」と、貴乃花親方の明るい一面を聞き出そうとした。これに花田氏は「クッソつまんないギャグを言う」と苦笑いしながら答えつつ、「逆に言うと親子の仲もいい」とフォローした。

上田は「(花田氏は)ラジオもやってるんでしょ?」とも質問。「(話が)下手ではないと思う。靴職人がどんなことをしているのか分からない。みなさん(視聴者)が聞いたことがない話をしたいと思っている」と謙虚な様子を見せた。

しかし、花田氏の態度は徐々に変化していき、元アナウンサーの母に放送を聴かせると“ダメ出し”されると明かすと、上田は「(話が)下手なんじゃないか」と言った。これに花田氏は敏感に反応した。

花田氏は「(ラジオで話すのは)うまいの!」と上田を制し、「人ってさ、ほめられてから言われるのはいいんですよ。何もいいことを言われずにダメなことばかりを言われるのは嫌だ」と“タメ口”を交えながら釈明した。そして、貴乃花親方は「職人が表舞台に立ってどうするんだ」と、ラジオ出演に賛成されていないことも明かした。

 

「靴職人で芸能人ではない」

視聴者はツイッターに、花田氏の自由な行動や発言に対して批判の意見を投稿している。

《なぜこのタイミングでゲストなのか。この男は靴職人で芸能人ではない》
《靴職人名乗ってるけど、意気がってる二世タレントやん。職人っていうならその道を極めろよ》
《花田優一さんは態度悪いし喋り方も苦手で嫌い。日本に戻ってきて貴乃花の息子ってだけでタレントになっていくのか分からんけどテレビに出ないでほしい。とにかく不快だった》

昨年、一般女性と結婚した花田氏は「(話している途中に)こいつと結婚する、と思った」と出会った瞬間から結婚を確信したという。これに対しても、《奥さんを「コイツ」と呼ぶ時点でアウトですな。しかも年上の方に。アメリカ、イタリアにいた経験があるのに、女性を敬う精神は学ばなかったんですね。残念…。》と呆れている視聴者もいた。

新たな“炎上キャラ”の二世タレントが生まれたようだ。

 

【画像】

(C)FuzzBones / Shutterstock

【あわせて読みたい】