乃木坂46・秋元真夏「男性のタイプ」告白にざわめく人々

(C)まいじつ

アイドルグループ『乃木坂46』の秋元真夏が2月25日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演し、好きな男性芸能人について、意外な人物を挙げたことが話題となった。

番組の冒頭で「ほかのメンバーと比べて顔が大きいアイドル」と紹介された秋元は、現在の乃木坂46の人気が凄いと誉められても、「わたしは下っ端なので……」と自虐的な答えに終始していた。

しかし、秋元は握手会での応対が高い評判を呼び、ほかのファンを獲得するほどであるため“釣り師”と呼ばれているという。

北村晴夫弁護士や小林克也に対して握手会での応対を実演したところ、ふたりとも秋元の魅力にメロメロになっていたようだった。

 

意外な人物が好みの男性タイプ

そんな秋元は、好きな男性芸能人について聞かれると、お笑いコンビ『三四郎』の小宮浩信だと告白していた。その理由は「見た目がよくて格好いい。顔が好きなタイプ」だと答えた。

この秋も都の告白に対して、ツイッターでは、《三四郎の小宮さん好きなら、ヲタク可能性あるんじゃないの?見た目だけだけど》や《全真夏推しが「いける!」って燃えてるだろーな》など、決してイケメンではない小宮がタイプだということに対し、自分たちにもチャンスがあるのではないかと思ったファンが多いようだ。

アイドルが好きな芸能人のタイプにお笑い芸人を挙げることは、“安全パイ”と言われ、はぐらかすときにすることが多いそうだが、秋元は本当にタイプなのだという。

番組MCの後藤輝基からは、「小宮がイケたら、だいたいイケるよ」と評されていた。

 

すでに小宮本人は接近するも…

しかし、昨年10月放送の『バズリズム02』(日本テレビ系)で、小宮本人がスタッフを通じて秋元に電話番号やメールアドレスなどの連絡先を渡したところ、「好きなんですけど、そういう好きでは…」と、一蹴されている。

ひとまず恋愛関係への発展はなさそうで、ファンにとってはひと安心といったところだろう。

 

【あわせて読みたい】