羽生結弦にザギトワとメドベージェワが急接近中!?

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock

(C)Shutterstock

平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦と、フィギュアスケート女子シングルに出場したアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワとの関係が注目されている。

「まるで人気女子アナウンサーが有名野球選手に群がるように、一流フィギュア選手は、みんな羽生と付き合いたがっています。その有名な例が、前回ソチ五輪でロシア代表だったあのユリア・リプニツカヤです」(スポーツ紙記者)

リプニツカヤはソチ五輪のフィギュアスケート団体戦でロシアが金メダルを獲得したときの立役者だ。

「リプは羽生が好きで好きでしょうがなく、何度も何度もツーショット撮影をお願いして、ついには口説き落とした。羽生はそれなりにロシア語が分かるので、根負けしたといいます」(フィギュア関係者)

 

遠距離恋愛がネックに

しかし、交際に持ち込んだものの、そう長くは続かなかったという。

「羽生は練習の本拠地がカナダだったため、遠征以外で会えない“遠距離恋愛”が災いして交際が終了してしまったといいます。フラれた格好のリプは、その後にショックで太った姿や、遠征先で遊びまくっている姿が目撃されました」(同・関係者)

そして今度は、ザキトワとメドベージェワが羽生に熱視線を送っているという。

「両者とも平昌五輪中は羽生にずっとついて回っていました。ザキトワの方がアイドル顔で日本人には親しみやすい顔立ちをしています。メドベージェワは少々濃い目の印象です」(同・関係者)

ザキトワとメドベージェワは今後、どういったアプローチをしていくだろうか。

 

【画像】

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock

【あわせて読みたい】