五条悟の復活フラグふたたび!『呪術廻戦』239話“超人”髙羽史彦がカギとなる可能性

五条悟の復活フラグふたたび!『呪術廻戦』239話“超人”髙羽史彦がカギとなる可能性

『呪術廻戦』24巻(芥見下々/集英社)

『呪術廻戦』最新話の第239話『バカサバイバー!!』が、10月23日発売の『週刊少年ジャンプ』47号に掲載された。すべての元凶である羂索の動向にスポットが当たるなか、“超人”髙羽史彦の出番が回ってきたことで、読者は今後の展開に希望を見出している。

※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています

東京・新宿で宿儺をめぐる死闘が繰り広げられるなか、今回は岩手の結界(コロニー)へ場面転換。羂索は新宿決戦の動向を遠距離から観察しつつ、「死滅回游」に参加した泳者(プレイヤー)の残党狩りを行っていた。

羂索は圧倒的な実力で泳者を戦闘不能にするが、そこで思わぬ刺客が登場。お笑い芸人の呪術師・髙羽史彦がたった1人で現れたのだ。

髙羽は自身が“ウケる”と思った想像を現実にできる、特殊な術式「超人(コメディアン) 」の持ち主。術式のポテンシャルとしては、五条悟に対抗できるかもしれないと紹介されていた。条件を満たせば、致命傷を負うほどの攻撃を無効化することも可能だ。

髙羽が作中随一の強敵・羂索とタイマンで戦うという展開は、かなり意外ではあるものの、その底知れぬポテンシャルに期待を寄せる読者は多い。

さらには、物語から退場していった五条の“復活”につながるフラグとしても熱視線を浴びている。髙羽の術式がどこまで不可能を可能にできるのかは不明だが、「五条がよみがえったら面白い」という理屈で五条が復活する展開もゼロではなさそうだ。

五条の復活を予感させる要素の数々

実際に今回戦場となっているのは、岩手の御所湖(ごしょこ)という場所。これに髙羽が気づき、五条の名前とかけてダジャレを行う可能性は十分ある。

また、今回のサブタイトルは『ボボボーボ・ボーボボ』のアニメ主題歌であるウルフルズ『バカサバイバー』のパロディだ。実は五条の最期は、「ボーボボ」のところ天の助が命を落としたシーンに近い構図だった。ギャグパワーによって何事もなく復活した天の助と同じように、五条も髙羽のギャグで復活するのかもしれない。

さらに、第236話で描かれた五条の走馬灯では、「北」と「南」という主題が強い意味をもっていた。昔の自分に戻るなら「南」、新たな自分に生まれ変わるなら「北」に行くという会話があり、すでに亡くなった仲間たちは「南」を選んだという描き方だ。

岩手が新宿から見て「北」に位置しているのは、五条が仲間たちと決別し、新たな自分として復活する展開の布石ではないだろうか。

もしこの説が的中しているのならば、五条は岩手で復活を遂げ、その場で五条vs羂索という因縁の対決が始まることになる。髙羽の術式が奇跡を起こし、熱い展開が実現することを祈りたい。

文=野木
写真=まいじつエンタ